大富豪イーロン・マスクのお金の使いかた



» 「iPhone SE」にだけホームボタンが残っている理由




先日には、Twitterを買収する計画で話題になったイーロン・マスク。世界一の富豪である彼は、普通では思いつかないようなお金の使い方をすることがあります。

そんなマスクのお金の使い方について、海外YouTubeチャンネル「The Infographics Show」が解説しています。



*Category:テクノロジー Technology|*Source:he Infographics Show ,wikipedia ,TED

イーロン・マスクが大金を費やしている趣味とは?




世界一の富豪であるイーロン・マスクは、かつて運転をすることができない車に100万ドル(約1億3千万円)を費やしています。しかし、この買い物は、彼の数十億ドルの非常識な使い方の氷山の一角に過ぎません。

マスクの大きな支出の1つは、カリフォルニア州の住宅用地の購入に使われた1億ドル(約130億円)です。そのほとんどがLA地区にあり、一時期は7軒の家を別々に所有していました。

最初に購入した物件は、2年間借りていたベルエアの家です。彼は、2012年にこの家を1700万ドル(約22億円)で購入しています。


この家は20,248平方フィートの広さに7つのベッドルームと2階建ての書斎があり、裏庭にはプールとテニスコートがあります。そして、敷地内にはジムや広大なワインセラーもありました。


この物件は、結局2020年に2900万ドル(約37億円)で売却され、マスクは利益を得ています。


そしてマスクは2013年10月に邸宅と同じ通りにある2,756平方フィートの家を、675万ドル(約8億8千万円)で購入しています。この家は、名優ジーン・ワイルダーが2007年に亡くなるまで30年以上住んでいた家です。


しかし、マスクは実際にはこの家に住んでおらず、3つの寝室を持つこの家を子供たちの私立学校として使っていました。彼はこの家を「ベルエアのゴルフコースが付属していて、大草原にある小さな校舎のようだ」と表現しています。


マスクはこの物件を売却しようと考え、2020年5月に950万ドル(約12億円)で売りに出しました。しかし買い手は、家を壊したり、大きな改造をしないことを約束しなければならなかったようです。


結局、ジーン・ワイルダーの甥と結婚したエリザベス・ハンターが700万ドル(約9億円)で購入しました。噂によると購入資金のほとんどは、マスクがこの夫婦に貸したお金だといわれています。


その後、2015年と2016年にマスクはベルエアに「2000万ドル(約26億円)で牧場用の家」「2425万ドル(約31億円)で未完成の豪邸」「430万ドル(約5億6千万円)で別の豪邸」を購入しました。

しかし、近隣住民が「誰もその土地には、いなかった」と記者に語ったことから、彼はそこで過ごしていないようです。

マスクは、この3つの高額物件に加え、ベルエアに推定420万ドル(約5億4千万円)で別の2階建ての家も購入しています。


そして2020年に、これらすべての物件は約6220万ドル(約80億円)で売却され、またしてもマスクは利益を手にしました。

また、マスクは2014年にカリフォルニア州ブレントウッドで前妻と370万ドル(約4億8千万円)で家を購入しましたが、2019年に400万ドル(約5億2千万円)で売却しています。


マスクの最後の家は、サンフランシスコにあり、10室のベッドルーム、独自のハイキングコース、本格的なボールルームを備えた築100年の1万6000平方フィートの家です。

マスクはこの家を、2017年に2340万ドル(約30億円)で購入しました。そして、2020年には3500万ドル(約45億円)の価値になっています。

しかし、マスクは不動産売買をやめ、シンプルな生活をしようとしているようです。


不動産は、マスクにとっての情熱だったのかもしれませんが、テスラを運転したことのある人なら、彼が絶対にクルマを愛していることを知っているはずです。

2013年にマスクは「私を愛したスパイ」でジェームズ・ボンドが使用したロータス・エスプリを1台購入しました。

彼はこの車に100万ドル(約1億3千万円)近くを支払いましたが、この車は物理的に運転することはできないようです。なぜなら、水中シーンの撮影のために特別に改造された車だからです。


その代わり、車体後部に4つのプロペラのバンクがあり、それを動かすための電気モーターが搭載されています。さらに側面には、水中で操縦するためのフィンが付いています。


この車は水密でないため、撮影時は元海軍のシールズが実際にフル・スキューバ・ギアを着用して運転したそうです。


信じられないことに、マスクが100万ドル(約1億3千万円)を支払って購入したこの車は、偶然にも建築業者がわずか100ドル(約1万3千円)で購入した倉庫の中から発見されたのです。

彼らは、その車の正体に気がついた後、慎重に復元して販売したことによって100万ドル(約1億3千万円)の報酬を手に入れました。


この車のデザインは、テスラのサイバートラックに影響を与えたとマスクが認めています。


マスクは他にも「ポルシェ911」「オリジナルのフォード・モデルT」「ジャガーEタイプ・シリーズ1ロードスター」「アウディQ7」「ハマーンBMW M5」「マクラーレンF1」を所有しています。


有名な話ですが、マスクは友人と打ち合わせに向かう途中で、627馬力のモンスターマシンがコントロールを失い、完全に全損させたことがあります。

マスクによると、2人で運転している時に友人が「このクルマで何ができるのか見せてくれ」と頼み、マスクが応えるためにアクセルを踏み込んだようです。すると、巨大でパワフルなクルマはコントロールを完全に失い、スピンして堤防に激突したのです。

奇跡的に誰も怪我をしませんでしたが、車は全損しました。


マスクは「金持ちになると、高級スポーツカーを買ってすぐに壊してしまうという話をよく聞くが、自分はそんなことにはならないと確信していたので、わざわざ車に保険をかけていなかった」と語っています。

結局、マスクは廃車するために100万ドル(約1億3千万円)を支払うことになりました。


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!