【ポケモンGO】ジョウト地方(第2世代)のポケモン入手難易度ランキング【2022年上半期更新版】

ポケモンGO(Pokémon GO)』に実装されているポケモンの中で、最も入手難易度の高いポケモンベスト5(第2世代編)をランキングにしてみました

第2世代で最も入手難易度の高いポケモンは?


『ポケモンGO』におけるやり込み要素はトレーナーの数だけあるといっても過言ではありませんが、多くのトレーナーが漠然と目指しているのは“図鑑のコンプリート”なのではないでしょうか。

今や700種類以上のポケモンが実装され(原作だと891匹、フォルム違いやアローラのすがたなどのリージョンフォームはこの数に含まれていないので、全部合わせると約1000種類に……!)、その全てを集めるのは至難。

中には入手が困難で「こいつさえゲットできればこの地方はコンプリートなのにっ……!」というストッパー的な存在のポケモンもいますよね。

というわけで、今回の記事では第2世代の中で特に入手難易度の高いポケモンベスト5を紹介します。

※伝説のポケモンはレイドバトルやスペシャルリサーチで入手可能なので除外しています。また、特定のイベントで例外的に出現率がアップしていたというパターンは考慮していません。あくまでも6年間全体で見た時の入手難易度で選出しております。

5位:ポポッコ


一度ハネッコがコミュニティ・デイの対象ポケモンとなったことがあるので作成が難しいイメージはありませんが、1から作成するとなるとアメが125必要&通常時のハネッコの出現率を考えると作成難易度は高め。

タイプ的に天候ブーストが狙いやすいのはまだ救いかも。

4位:カポエラー


近頃野生で稀に出現するようになったものの、それ以外の入手手段がバルキーからの進化(ステータスによって進化先が決定。カポエラーになる確率は3分の1です)しかないため、作成の難易度はかなり高めです。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!