15年前「初代iPhone」はどれほど革新的だったのか?

非常に貴重な初代iPhoneのプロトタイプ




初代iPhoneにはプロトタイプというものがあります。ハードウェアそのものは、実際に出荷されることになったiPhoneと基本的に変わりません。しかし、プロトタイプに搭載されているソフトウェアは発売されたiPhoneとは異なります。

初代iPhoneの開発には多くの秘密があり、万が一何かが漏れても誰にもわからないように、とてもベーシックなUIで作成されています。また、開発のテストをするために、さまざまなオプションが用意されています。


さらに興味深いところは、画面の下に小さな「SkankPhone」の表示があるということです。つまり、このプロトタイプのiPhoneには、iPhone OSが搭載されていないということです。


このプロトタイプには、SMSで使用できるテキストメッセージが事前にプログラムされていました。ただ、ネットワークに繋がっていないため、実際に使用することはできませんでした。


さらに、電話のダイヤラーやカメラも搭載されていて利用可能でした。しかし、テスト用の機種であったため、決して高品質ではありません。


また、診断メニューも充実しており、WiFi、Bluetooth、加速度センサー、タッチスクリーン、カメラ、ボタンなどが、正常に動作しているかどうかを確認することができます。


これはプロトタイプで、情報漏えいを防ぐために作られたものですが、Appleの歴史を語るには格好の品です。 10年後、このiPhoneがいかに重要であったかを論じるのは難しいことでしょう。しかし、最近のスマートフォンのほとんどが、初代iPhoneの影響を受けていることは間違いありません。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!