発表迫る「MacBook Air」「AR/VRヘッドセット」の厳しい現状 #WWDC22


6月6日から開催される「WWDC22」で発表されると噂されているApple新製品について、Apple専門の米メディア「MacRumors」が解説しています。


*Category:テクノロジー Technology|*Source:MacRumors(1) ,(2) ,Zelbo.nyc ,@darvikpatel

WWDC22で発表されると噂のApple新製品3つ


経済紙記者のマーク・ガーマン氏は、Appleが5月か6月に何かしらのMacを発売する準備をしていると指摘していました。これは、WWDCで何かが発表される可能性を示しています。

Appleは以前に「Mac Pro」を準備していることを発表会で示唆しています。これは恐らく、最も強力なAppleシリコンを搭載したモデルになるはずです。

前回AppleがMac Proを大幅に刷新した際にも、WWDCで詳細が発表されました。開発者に新チップ対応のプロ向けソフトウェアを開発する時間を与えるため、Appleが秋の発売前にWWDCでMac Proをプレビューするのは理にかなっていると言えるでしょう。

先日、ヘッドセット用のOSである「realityOS」の商標が発見され、外国出願日の期限が2022年6月8日であるとのこと。これによりAppleの「AR/VRヘッドセット」の登場が期待されていますが、「MacRumors」はWWDCとは無関係の偶然の一致だとしています。


ガーマン氏と著名アナリストのミンチー・クオ氏は、このデバイスに関してはまだ解決すべき問題があり、現時点ではこのヘッドセットを発表する準備ができていないと述べています。クオ氏は、Appleが2023年にヘッドセットを発売すると考えており、ガーマン氏はAppleがWWDCでヘッドセットの「本格的な発表」をする予定はないと述べています。

とはいえ、デバイス自体の発表は期待できないものの、何かしらの詳細がWWDC22で明らかになる可能性は残されています。ガーマン氏は本イベントで発表されるiOS 16に「ヘッドセットに関する記述が大量にある」と指摘しており、Appleは取締役会でこのヘッドセットを披露したとの噂もあります。

そして、今回のイベントの目玉として注目されているのが、新型「MacBook Air」です。


このモデルは、デザイン的には新型MacBook Proと似ているものの、より薄いボディが特徴になると考えられています。現行の「MacBook Air」のような先細りのデザインを採用せず、Appleが再び「Air」の表記を外し「MacBook」という名称に戻す可能性もあるそうです。


著名リーカーのジョン・プロッサー氏は、白ベゼルでノッチを搭載し、カラフルなラインナップになった新型「MacBook Air」を予測しています。


このモデルはMacBook Proと同じ1080pカメラを搭載するとみられていますが、ノッチを採用するかどうかは不明です。少なくとも今のところ、Appleが白いノッチを搭載したデバイスを発表したことはありません。

また、新型「MacBook Air」には新チップ「M2」が搭載されるとのこと。M2はM1 ProやM1 Maxほどパワフルではなく、M1よりもわずかに速く、省電力性能が向上したチップになるとみられています。

ガーマン氏はAppleが6月6日のWWDC22の基調講演で「MacBook Air」を発表することを「目指している」と見ていましたが、中国におけるコロナ関連のサプライチェーンの混乱により、延期される可能性もあるようです。その場合はクオ氏の予想のように、9月頃に発売されることになるかもしれません。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!