iPhoneの祖先「Apple Newton」がドラマにサプライズ登場、幻のカラー画面を実現したカラクリとは?


iPhoneの祖先とも言えるPDA端末「Apple Newton」が、Apple TV+の人気シリーズ「フォー・オール・マンカインド」に姿を変えてサプライズ登場しています。


*Category:テクノロジー Technology|*Source:Cult Of Mac ,Appleinsider ,@bengmcg ,9to5Mac

時代の最先端を走っていたPDA端末「Apple Newton」 がサプライズ登場


「Apple Newton」は、手書き認識と付属のスタイラスを備えたPDA端末として、1993年に発売された製品です。画面はモノクロながら独自のOS「Newton OS」を搭載しており、タッチスクリーン、手書き文字認識など、時代の最先端を走っていました。

そんな「Apple Newton」が、Apple TV+の人気シリーズ「フォー・オール・マンカインド」にサプライズ登場。ビデオ通話もできる、カラー画面のNewtonとして登場したのです。


このシリーズは、1960年代の宇宙開発競争が終わらなかった世界を舞台に、奮闘する人々を描いた物語です。カラー画面のNewtonは、宇宙開発競争が激化し、1990年代の人々が火星を植民地化する異世界SFであるこの作品と確かに合致しています。

プロデューサーのベン・マクジニス氏は、このカラー画面の「Apple Newton」について、Twitterでその秘密を明かしました。

一部のシーンはクラシックなNewtonのインターフェイスになっているものの、別のシーンではiPhoneが活用されています。マクジニス氏によれば、ビデオ通話をしているシーンのNewtonの中身は、実は「iPhone 12 Pro Max」だったそうです。

明らかに当時では考えられないスペックですが、マクジニス氏は、「(フォー・オール・マンカインドでの)1990年代には、技術がより速く進歩する」と説明しています。

スティーブ・ジョブズが会社に戻った直後の1998年、AppleはNewtonシリーズを廃止しました。しかし2007年、Appleはタッチ操作を主としたデバイス「iPhone」を発表し、現在でも人気の製品となっています。

そういう意味では、NewtonはiPhoneの祖先であると言っても過言ではない製品です。もしもジョブズがAppleに戻っていなければ、今でもカラー画面を搭載した「Apple Newton」が販売されていたのかもしれませんね。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!