iPhone 14の発表が「9月13日」になるという説の根拠


iPhone 14」シリーズの発表日について、Apple専門の米メディア「9to5Mac」が過去の傾向から予測しています。


*Category:テクノロジー Technology|*Source:9to5Mac ,iDropNews ,@id_vova

「iPhone 14」シリーズは9月第2火曜日に発表される可能性が濃厚


Appleは、毎年9月の第1または第2火曜日に、iPhoneの新モデルの発表イベントを開催しています。以下は、ここ数年のiPhoneの発表イベントが開催された日(米国時間)です。

  • iPhone 13:2021年9月14日
  • iPhone 12:2020年10月13日
  • iPhone 11:2019年9月10日
  • iPhone XS:2018年9月12日

唯一の例外は2020年のiPhone 12シリーズで、コロナウイルス関連の影響により、1カ月遅れの発表となりました。なお、発売日に関しては、基本的に発表から約10日後となっています。

「9to5Mac」は、米国では労働者の日が9月5日であることから、今年のイベント開催日は9月13日になる可能性が最も高いと指摘。また、別のテック系メディア「iDrop News」も以前、Appleが「第37週」に社内でなにかを計画しているという情報を掴み、その週の火曜日、2022年9月13日に何かが行われるとリークしています。

iPhone 14シリーズには、通常モデルの他、新たなラインナップとして「iPhone 14 Max」、上位モデルには「iPhone 14 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」が含まれているとのこと。なお、miniモデルは廃止になることが確実視されています。


このシリーズでは、カメラのアップグレードや、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Maxのデザイン変更などが噂されています。Proモデルは、iPhone史上初めて楕円形と円形の2つのパンチホールを搭載したデザインになるとのこと。また、新色のパープルが登場し、常時点灯に対応したディスプレイが搭載されるという噂もあります。

著名アナリストのミンチー・クオ氏は、iPhone 14シリーズの生産は9月の発売とリリースに向けて順調に進んでいると報告しました。「iPhone 14 Max」が遅れ気味であるとも指摘しましたが、状況はコントロールされていると述べています。

とはいえ、様々なサプライヤーが混乱に陥っている現状、遅れが生じる可能性はゼロとはいえません。しかし、Appleは基本的に、主力製品であるiPhoneの生産を優先しているため、その可能性は低いと見て良さそうです。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!