コスパ最強「iPhone SE」は過去6年でどう進化したのか?


iPhoneには、低価格で販売されている「iPhone SE」というモデルがあります。

「iPhone SE」がどのように進化してきたのかを、海外YouTubeチャンネル「Flatlife」が解説しています。




*Category:テクノロジー Technology|*Source:Flatlife,wikipedia

Appleにとっての「iPhone SE」の存在意義とは?


iPhoneは、最新の革新的な機能、かつてない性能を持つことで知られる高品質なスマートフォンですが、同時に高価格でもあります。

そのため、2016年にAppleは、より手頃な価格のモデルとして「iPhone SE」を発表しました。ユーザーは低価格のiPhoneの登場に喜びました。そして2022年3月には、最も進化した第3世代の「iPhone SE」が発売されています。

Appleは「iPhone SE」を発売する前から多くのiPhoneモデルを開発してきました。初代iPhoneは2007年に発売され、携帯電話に一大革命をもたらしました。その後「iPhone 3G」が登場し、その名の通り3Gネットワークに接続できるようになりました。

その1年後、より高速なモデルとして「iPhone 3GS」が発売されました。実際、Appleは前モデルよりも処理能力が2倍速くなったと主張しています。

iPhoneの最初の大きなデザイン変更は、2010年の「iPhone 4」で行われました。その1年後に発売された「iPhone 4S」では、Siriが導入されました。

次に登場したのが「iPhone 5」で、4インチの大型ディスプレイを搭載しました。さらに、より高速に充電できる新しいLightningコネクタが追加されました。

2013年には「iPhone 5S」と「5C」が発売されました。5Cはカラフルなオプションが用意され、より安いモデルでもありました。一方、5Sはホームボタンに指紋スキャナを使用するTouch IDを搭載し、より簡単に携帯電話のロックを解除することができるようになりました。

そして、2014年に登場した「iPhone 6」では、さらに大きく、高性能になりました。またiPhoneとして初めて「Retina HDディスプレイ」を搭載しました。同時により大きな5.5インチディスプレイの「iPhone 6 Plus」も発売されました。

2015年、Appleは「iPhone 6S」と「6S Plus」を発売しました。これらには新しいA9チップが搭載され、より処理能力が高速になりました。

2016年3月についにAppleは「iPhone SE」を発表しました。iPhone SEの発表は世界を驚かせました。SEは「Special Edition」の略です。


今までの新iPhoneは、新機能が追加され、ディスプレイが大きくなり、性能が向上し、高価格で販売されていました。しかし「iPhone SE」は新しい機能を多数導入するのではなく、価格を大幅に下げて販売しました。

「iPhone SE」には、スペースグレイ、シルバー、ゴールド、ローズゴールドの4色のカラーバリエーションがあります。またSEは「iPhone 5S」とデザインや大きさが同じでした。

しかし「iPhone SE」は、Retinaディスプレイを搭載し、当時最新だった「A9チップ」を搭載していました。Appleによると、前モデルと比較してCPU性能が最大70%、グラフィックス性能が最大90%向上しているとのことです。

「iPhone SE」は世界で最も高速な4インチスマートフォンとなりました。

さらに、SEには最新の1,200万画素のリアカメラも搭載し、毎秒30フレームの4K動画を撮影することもできます。また、120万画素のフロントカメラ、2GBのRAMも搭載し、複数のストレージオプションが用意されていました。


最も安いモデルは16GBのストレージを搭載し、399ドル(約5万円)で販売されました。前モデルの「iPhone 6S」が649ドル(約87,000円)から販売されていたため、SEは非常に手頃な価格だったということです。

多くのユーザーは、Appleが小さな4インチiPhoneを、手頃な価格で発売したことを非常に喜んでいました。ユーザーの中には「これまでに作られたスマートフォンの中で最高の物です。」という者もいました。


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!