iPhoneが「ハッキングされたら」その症状と対処方法


iPhoneの挙動がおかしくなると「ハッキング」されているのではないかと心配になることがあります。

ハッキングを疑われる症状と対処法について、海外YouTubeチャンネル「TenorshareOfficial」が解説しています。




*Category:テクノロジー Technology|*Source:TenorshareOfficial,Apple

iPhoneがハッキングされた?見分け方と対処方法


iPhoneがハッキングされると、アプリが自動的に開いたり閉じたり、ハッキングされたことを警告するポップアップを受け取ったり、緑やオレンジの光が画面上から消えなくなったり、Apple IDの認証コードが他の場所から送られたり、変なカレンダーの招待状が届いたり、バッテリーの消耗が激しくなったり、データ使用量が大幅に増加するなどの症状が出ます。

もし、うっかり怪しいリンクをクリックした後に「iPhoneがハッキングされたため、保護ツールをインストールする必要があります」というポップアップが表示されても、それに従ってはいけません。

その指示に従ってしまうと、悪質ハッカーは、あなたの個人情報を抜き取ったり、あなたの銀行口座から不正にお金を引き出したり、Apple IDなどにアクセスしようとします。ユーザーがすべきことは、無視して削除することです。

このようなブラウザの乗っ取りを防ぐには、「設定」→「Safari」→「ポップアップブロック」と「サイト越えトラッキングを防ぐ」、「詐欺Webサイトの警告」をオンにしてください。そして、履歴とウェブサイトのデータを削除しましょう。

同様に、iPhoneのカレンダーがスパムメールで溢れかえっている場合は、それはおそらく過去に購読リンクを不注意にクリックしたためです。削除するには、「設定」→「カレンダー」→「アカウント」→「購読カレンダー」と進み、不要になったものを削除してください。

Apple IDの認証コードが送られてきて、知らない誰かがアカウントにアクセスしているのではないかと心配になったら、Apple IDのページを表示し、そこのリストに怪しいデバイスがあるかどうかをチェックします。そして、怪しいデバイスがあった場合は、アカウントから削除してください。

次に、このようなことが二度と起こらないように、認証情報を変更します。パスワードとセキュリティをタップし、2段階認証が有効になっていることを確認します。そして「パスワードの変更」をタップし、強力なパスワードを使用していることを確認しましょう。

また、画面に緑またはオレンジの光が表示されている場合は、一部のアプリがカメラまたはマイクを使用していることを示しています。それらをチェックするには、「設定」→「プライバシー」→「カメラまたはマイクのページ」で、信頼できないアプリのスイッチをオフに切り替えてください。


電池の消耗が異常に早い場合、電池のページで原因を見つけることができます。いくつかの怪しいサードパーティアプリがあなたの電池を消費している可能性があります。それを見つけたら、デバイスから削除しましょう。

iPhoneのストレージでは、データ使用量を増加させているアプリを見つけることができます。そして、それらをオフまたは削除してください。

さらにAppleは、パスワードのページでセキュリティに関する推奨機能を提供しています。ユーザーの認証情報を危険にさらす可能性のあるサイトのパスワードを変更することができます。

そして、アプリがクラッシュし続けている場合の最初の最善策は、強制再起動を試してみることです。強制再起動にコンピュータは不要です。

「iPhone 12」以降では、音量を上げるボタンを押して素早く放し、音量を下げるボタンを押して素早く放してから、サイドボタンを押さえたままにすると、リンゴのロゴが表示されます。これで、強制再起動は完了です。


今、解説した方法を実行しても問題が解決しない場合は、iPhoneをリセットする必要があります。


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!