Androidにあって「iPhoneにないモノ」を調べたら驚きの大差でした


同じスマートフォンではあるものの、iPhoneとAndroidには多くの違いがあります。今回の記事では、AndroidにあってiPhoneにないものを5つ取り上げています。


*Category:テクノロジー Technology|*Source:MacRumors(1) ,(2) ,Galaxy ,@id_vova

AndroidにあってiPhoneにないもの5選


iPhoneとAndroidの差は年々埋まりつつありますが、カメラや画面には多くの違いがあります。

【1】USB-Cポートの有無


なによりもまず挙げられるとすれば、USB-Cポートの有無でしょう。Appleは、iPhoneにLightningポートを搭載することに固執してきました。

しかし、その状況も変わろうとしています。著名アナリストのミンチー・クオ氏によれば、史上初のUSB-C搭載iPhoneは2023年秋に発売される予定の、いわゆる「iPhone 15」になるとのこと。

【2】パンチホール搭載の大画面

iPhoneシリーズは2017年のiPhone X以降、大きなノッチを搭載し続けています。対して、Androidではより小さいパンチホールが採用されることが一般的です。

これには、iPhoneに搭載されているFace IDセンサーの大きさが関係しています。「iPhone 14 Pro」ではノッチが廃止されると噂されていますが、Face ID用とカメラ用の2つのパンチホールカメラが搭載されるとのことです。


【3】高解像度カメラとテレスコープカメラ

iPhoneには優れたカメラが搭載されていますが、望遠や高解像度といった点では、Androidのフラッグシップ端末に劣っています。

例えば、サムスンの「Galaxy S22 Ultra」には108MPの高解像度カメラとテレスコープの10倍光学ズームカメラが搭載されています。しかし、iPhoneのカメラ解像度は長らく12MPのままで、テレスコープも搭載されています。


とはいえ、今年の「iPhone 14 Pro」モデルには、史上初の48MPの高解像度カメラが搭載されるとされています。また、クオ氏によれば、来年の「iPhone 15 Pro Max」にはテレスコープレンズも搭載されるとのこと。

【4】常時表示機能

多くのハイエンドAndroid端末には、スリープ状態でも通知などが確認できる常時表示機能が搭載されています。しかし、iPhoneシリーズではまだそれが搭載されていません。

しかしこちらも、今年の「iPhone 14 Pro」モデルには搭載が噂されています。経済紙記者のマーク・ガーマン氏によれば、天気、カレンダー、株式、アクティビティなどが表示されるそうです。

【5】フォートナイトをプレイできる

AppleのApp StoreでもGoogleのPlayストアでも、人気ゲームの「フォートナイト」をインストールすることができません。しかし、Androidであればフォートナイトを遊ぶことができます。

この違いは、iPhoneがストア外のアプリのインストールを許可していないことが関係しています。Appleのティム・クックCEOは、このアプリのサイドローディングを絶対に認めず、「それならAndroidを買えばいい」とまで発言しています。

このように、AndroidとiPhoneのハードウェアには現状では大差があります。また、チップセットの性能面では、iPhoneのほうが優れているといってもいいでしょう。

とはいえ、これらの差は年々埋まりつつあり、ほとんど変わらないものとなってきています。しかし、ソフトウェアのポリシーに関する違いは、今後も簡単に変わることはないでしょう。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!