2万円もする「Apple Pencil」には相応の価値があるのか?

プロが選ぶタッチペンとは?


最後にAmazonで販売されている「格安タッチペン」を使ってみましょう。


Amazonのペンと「Zagg Proスタイラス」は、作りが似ています。そして、この2つのペンは、iPadの側面にマグネットで取り付けることができます。

使用感は、今までのペンと大きく変わらないようです。


全てのペンを試した結果、プロはどのように感じたのでしょうか。

プロのアーティストは「もし、絵を描くときに筆圧や感度を求めているのであれば、Apple Pencilを買うべきです。」と述べています。また「Procreate」のようなソフトを利用することもオススメしています。

ただ、今回比較したペンは、エンジニアや学生で、メモや計算に利用する用途なら最適です。

もし、そのようなユーザーにオススメするなら「Adonit Note+」がいいようです。


そのため、アーティストにとって筆圧感知ができるApple Pencilは、非常に重要なアイテムになります。しかし、だからといって他のペンの出番がないわけではありません。学生や数学の分野で働くエンジニアなら、筆圧感知は必要ないでしょう。



参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!