イーロン・マスクの「火星テラフォーミング計画」が失敗に終わる理由|後編


イーロン・マスクは、火星を核爆発によってテラフォーミングできると考えています。しかし、この計画には大きな欠陥がいくつもあるようです。

(全2回の2回目/» 前編を読む)




*Category:テクノロジー Technology|*Source:The Infographics Show ,Wikipedia ,Tesla

核爆発による火星テラフォーミング計画が現実的ではない理由


コロラド大学ボルダー校と北アリゾナ大学フラッグスタッフ校の科学者であるブルース・ジャコスキーとクリストファー・エドワーズが最近行った研究で、火星には十分な氷がなく、たとえそれがすべて蒸発して大気中に放出されたとしても、星の温度を上げることはできないと分かりました。

これは、マスクの火星の変化計画に大きな穴をあけることになります。しかし、テスラとSpaceXのオーナーにとって、これは抑止力にはならないようです。マスクはまた、火星を核攻撃することで、火星の岩石や地殻に蓄積されたCO2が大気中に放出されるとも述べています。


しかし、これもまた、データを分析した実際の科学者たちによると、火星の表面の岩石内に含まれるCO2は、火星を快適なレベルまで暖めるには十分ではないと結論づけられています。その理由は、火星の岩石は地球の岩石と大きく異なるからです。

地球上の石灰岩のようにCO2を多く含む岩石は、微生物の助けを借りて、中にCO2を封じ込めています。このように、地球では生物と非生物のプロセスが混在しているからこそ、大量のCO2が岩石の中に閉じ込められているのです。


一方、火星ではこのような生物学的プロセスは起こりません。火星の岩石内にCO2を閉じ込める唯一のプロセスは、大気中の分子がゆっくりと火星の表面にしみ込んでいくことです。ただ、これはあまりにも非効率なプロセスです。

火星には大量のCO2と水が存在しないことだけが、マスクの計画の問題点ではありません。

なんと、地球とは異なり、火星には磁場がないのです。そのため、太陽風によって火星の大気からガスが宇宙空間に放出される傾向があります。その結果、核兵器によって大気中に投入された温室効果ガスは減少し、やがて火星の大気は元の組成に戻ります。


さらに、火星は地球より小さいとはいえ、太陽からの距離があります。そして人類が生存するためには地球と同じような気圧が必要だと科学者たちは指摘しています。また、火星を適切な温度まで暖めるためには、地球と同量のCO2を含んでいる必要があります。

仮に火星全体を核攻撃して氷の水とCO2を大気中に放出したとしても、火星の気圧は地球の1.2%にしかならないそうです。これは、十分な気圧ではありません。科学が教えてくれるのは、マスクの火星核攻撃計画は、火星の変化にはつながらないということです。


その上、核兵器を使って惑星全体を爆破することには、明らかな負の副作用があります。それは、核兵器を爆発させると、大量の放射線が放出されることです。

もし、氷や地表の岩石のすべての水を放出させるだけの核兵器を爆発させたら、火星全体は放射線に汚染されることになります。これでは、変化させた意味がなくなってしまいます。

人間が住めるレベルの放射線量になるには、非常に長い時間がかかると思われます。しかし、これまで惑星全体を核攻撃した例がないため、正確な時間は分かりません。ただ、火星全体に核兵器を投下した後、探検隊を送っても大丈夫になるまでには、何十年もかかるでしょう。


また、火星で植物を栽培できるようになるには、さらに長い時間がかかるかもしれません。さらに、核兵器で火星を爆破した場合、地球が核の冬に突入する可能性もあります。私たちが地球に住めなくなったら、火星の核攻撃の意味がなくなってしまいます。

核攻撃によって、十分な量の塵や粒子が大気中に舞い上がれば、太陽の光が火星の表面に届かなくなる可能性もあります。そうすると、現在よりも気温が下がることになります。粒子が大気圏外に沈降したら、その時点で気温は再度、上昇し始めるでしょう。

しかし、火星の表面には十分な水やCO2がないため、適切なレベルまで気温を上げることができません。つまり、火星を核攻撃することは、良い選択肢ではないということです。


「The Infographics Show」は「火星に核攻撃をして、人類が住める星に変える」というマスクの狙いを、馬鹿げた作戦だと述べています。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!