「iPhoneの終わり」がやってくる。見えてきたAppleの秘密兵器


最近Appleは、大人気シリーズだったiPodを廃止しました。このように、定番となっている製品にもいつかは終わりが訪れます。

現在Appleの主力製品となっているiPhoneも例外ではありません。この「スマホのない新たな時代」をもたらすと期待されているのが、同社が開発中と噂の「ARグラス」です。


*Category:テクノロジー Technology|*Source:9to5Mac ,The Elec ,Apple

iPhoneの終わりをもたらす「ARグラス」の登場が近づく


Appleの変革の前座となるAR/VRヘッドセットは、すでに登場が確実視されています。テック系メディア「9to5Mac」によればこのヘッドセットは2023年発売される見込みで、すでにサプライヤーはAppleの新しい計画に参入する準備を進めているとのこと。

このヘッドセットにおいて重要になるのが「マイクロOLEDディスプレイ」。マイクロOLED技術は、シリコン基板に有機ELを埋め込み、半導体と似た製法でディスプレイを作る技術です。この技術は、AppleのVR/ARヘッドセットような仮想現実、拡張現実、複合現実デバイスに広く使用されることが期待されています。

この技術を採用したAppleの最初のヘッドセットには、ソニーのものが採用されるとのこと。Appleは少なくとも数年前から、このパネルについてソニーと緊密に連携しているそうです。


しかし、この座を狙っているのがLG Displayです。韓国メディア「The Elec」の報道によると、LG DisplayはマイクロOLEDを製造するための成膜装置を発注する見込みとのこと。これにより、LGはこのマイクロOLEDパネルを開発・製造し、AR/VRヘッドセットのディスプレイを供給することができるようになります。

同メディアによれば、LG Displayは当初、外側のスクリーン、または通常の有機ELパネルを使うインジケーターを提供する見込みとのことです。

この最初のAR/VRヘッドセットは、3000ドル近い高額な開発者向けのデバイスとなると噂されています。しかし、Appleはすでに一般向けとなる「ARグラス」の開発にも取り組んでいるようです。


「9to5Mac」によると、AppleはすでにAR/VRヘッドセットの第2世代とともに、ARグラスの開発も計画しているとのこと。Appleのアナリストであるミンチー・クオ氏や経済紙記者のマーク・ガーマン氏といった信頼できる情報源によれば、ヘッドセットの発売時期が2023年、ARメガネは2024年か2025年に続くと見ています。

この新市場に注目するのはもちろんAppleだけではありません。最近ではMetaのマーク・ザッカーバーグCEOが、AR・VR市場でライバルになるであろうAppleについて「哲学とアイデアの競争」になると述べており、AppleのiOSに対するAndroidのような立ち位置を狙おうとしています

Appleは2007年に初代iPhoneを発表する際「iPhoneにはiPodが内蔵されています」と宣伝していました。当時のCEOであるスティーブ・ジョブズは、大人気製品だったiPodを終わらせることを見越して、iPhoneを発表したのです。


もちろん、ARグラスを発表したからといって、Appleが主力製品であるiPhoneをすぐに終わらせることはないでしょう。しかしこれまでのAppleが行ってきた多くの「世代交代」を考えると、この製品の実用化が「iPhoneを終わらせる」可能性を秘めていることに期待せざるを得ません。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!