スマホはいま買っちゃダメ!iPhone 14を待ったほうが絶対お得なワケ


あと一ヶ月と少しまで登場が迫っている「iPhone 14」シリーズ。購入するか迷っている人も多いようですが、どちらにせよ、スマホの買い替えはこのモデルの登場を待ったほうがいいかもしれません。


*Category:テクノロジー Technology|*Source:9to5Mac ,DSCC ,@aaple_lab

「iPhone 14」シリーズを待ったほうが良い理由


iPhone 14シリーズは「iPhone 14」「iPhone 14 Max」「iPhone 14 Pro」「iPhone 14 Pro Max」の4機種になると予想されています。miniモデルは廃止され、代わりに登場するのが6.7インチのMaxモデルです。

デザイン面では、「iPhone 14」と「iPhone 14 Max」は「iPhone 13」とほとんど同じ外観になると見られていますが、「iPhone 14 Pro」ではより大きな変更が行われるようです。

ディスプレイ業界に詳しいロス・ヤング氏などのリークによれば、「iPhone 14 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」はいずれもノッチに代わる新しいパンチホールデザインを採用するとのこと。このデザインでは、だ円形と円形の2つのパンチホールを備えるとされています。


また、iPhone 14シリーズは、リアカメラとインカメラが大幅にアップグレードされると予想されています。他にも「iPhone 14」は「iPhone 13」と同じA15チップを使用し、「iPhone 14 Pro」のみがA16チップを搭載するなど、通常モデルとProモデル間の差別化も進むようです。また、iPhone 14 Proには、常時表示ディスプレイが搭載されると噂されています。

「iPhone 14」シリーズ登場まであと1ヶ月とちょっとであることを考えると、今iPhoneを買うよりは待ったほうが方がはるかに良いといっていいでしょう。これは「iPhone 14」が最新機能を備えた史上最高ものになるという理由だけではありません。

テック系メディア「9to5Mac」は、今買わずに「iPhone 14」まで待つ最大の理由は、「iPhone 14」が発売されることで他の機種が安くなることだと指摘しています。「iPhone 14」が発売されれば、「iPhone 12」や「iPhone 13」は今より安く注文できるようになります。これは、Appleから直接購入する場合でも、サードパーティから購入する場合でも同じです。


「9to5Mac」は、現在の価格設定からすると「iPhone 13」の開始価格は599ドル(約8万円)に、「iPhone 12」は499ドル(約6.6万円)程度に下がると予想しており、これらのことから販売を待つべきだと指摘しています。なお、「iPhone 14」シリーズの価格は799ドルから。現在の価格設定からすると、日本円では恐らく117,800円スタートとなるはずです。

日本では急激な円安の影響で、先月にはApple製品全体が大幅に値上げされました。iPhone 13通常モデルも、98,800円から117,800円へと値上げされています。このことを踏まえても、現時点でiPhoneを買い換えるには「時期が悪い」と言わざるを得ないでしょう。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!