DJI「Osmo Action 3」開封の儀:4K/120fps・16m防水・最長160分駆動が強い最新Vlog&アクションカムを実機でチェック!

DJIが小型アクションカメラの新モデル「Osmo Action 3」を9月14日(2022年)に発表し、予約販売を開始しました。

DJI ACTION 3の前面ディスプレイ


» DJI「Osmo Action 3」

*Category:テクノロジー Technology|*機材協力:DJI

今回は発表に先駆けて実機をDJIから借りることができたので、実際に使用してみた結果をお届けします!

記事前編は「開封の儀・詳細フォトレビュー」、後編は「実機インプレッション」という構成になっていますので、ぜひ、前後編あわせてご覧ください。

DJI「Osmo Action 3」開封の儀

今回開封するのは「Osmo Action 3 アドベンチャーコンボ(66,000円・税込実売価格)」です。なお、これとは別に「Osmo Action 3 標準コンボ(47,300円・税込実売価格)」も発売されています。

DJI ACTION 3のボックス

「Osmo Action 3」の注目機能

ボックスに書かれた特徴は6つ。

DJI ACTION 3の注目ポイント

  1. 4K/120fps、ワイド画角ので撮影
  2. 映像の水平維持機能
  3. 寒冷地に強く、長寿命のバッテリー
  4. 縦向き構図撮影のネイティブサポート
  5. 16m防水
  6. 背面、前面の両画面タッチ操作対応


いざ、開封!

DJI ACTION 3のボックスを開封

箱を開けるとすぐにカメラ本体が登場。もったいぶらない、ストレートな開封体験です。

DJI ACTION 3の箱を開けた様子

「Osmo Action 3」ボックスの中身

おもな内容物は以下の通り。

DJI ACTION 3の箱の中身

写真左上から順に……

  • 「Osmo Action 3」本体
  • バッテリー充電ケース&エクストリームバッテリー3個
  • USB to USB-Cケーブル
  • 取り扱い説明書
  • 保護フレーム(水平&垂直取り付け)
  • クイックリリース式アダプターマウント
  • 接着式フラットベース
  • 延長ロッド

DJI「Osmo Action 3」外観フォトレビュー

「Osmo Action 3」の本体サイズは横70.5×縦44.2×厚さ32.8mmです。

DJI ACTION 3のカメラ本体

実測重量はバッテリー、MicroSDカード込みで146g。

DJI ACTION 3の重量

側面にDJIのロゴ、前面に「ACTION 3」の文字があります。

DJI ACTION 3を斜め前からみた様子

前面ディスプレイのサイズは1.4インチ(320×320)。ここがタッチ操作に対応しているのも特徴で、ライバルの「GoPro HERO 10」にはない機能です。

DJI ACTION 3の前面ディスプレイ

背面のサイズは2.25インチ(360×640)。

DJI ACTION 3を斜め後ろからみた様子

日中、屋外でも視認性に問題はありませんでした。これは、前面ディスプレイも同じ。

DJI ACTION 3の背面ディスプレイ

保護フレームを取り付けると、縦向きでもマウントが装着できるようになります。

DJI ACTION 3を縦向きで使用する様子

上部には録画ボタンのみ、というシンプルなつくり。

DJI ACTION 3の上部、録画ボタン

底部にはマウントの〝受け〟となるくぼみがあります。

DJI ACTION 3の下部、マグネット

マグネット式アダプターが便利

写真左が〝クイックリリース式アダプターマウント〟です。

DJI ACTION 3のマグネットアタッチメント

マグネットでパチっとくっつくので、近づけるだけで装着完了。磁力+ツメのダブルロックなので、よほどの無茶をしなければ不意に脱落することはないでしょう。実際に、撮影中に外れることは一度もありませんでした。

DJI ACTION 3

「Osmo Action 3 アドベンチャーコンボ」には延長ロッド(自撮り棒)が付属しています。

DJI ACTION 3の自撮り棒

自撮りモードで使用している様子はこんな感じ。

DJI ACTION 3の自撮りスティックで使用

前から見てカメラの右側となる部分には充電とデータ転送に使用するUSB-Cポートがあります。

DJI ACTION 3を充電する様子

DJI「Osmo Action 3」はバッテリーがすごい!

「Osmo Action 3 アドベンチャーコンボ」に同梱される3連のバッテリーケース&チャージャーはとっても優れもの。

DJI ACTION 3の充電ボックス

コンパクトなハードケースにバッテリーを収納できること、そしてそのまま充電できる、というのが便利。アウトドアで、移動しながらの使用を前提とするカメラだけに「こういうバッテリーケースが欲しかった!」という人は少なく無いはず。

DJI ACTION 3には3つの電池が充電できる

ちなみに、GoProの純正品には「フタが閉められるチャージングケース」は無いので、けっこう重要な差です。

USB-Cケーブルを接続すればモバイルバッテリーなどからも充電できます。

DJI ACTION 3の充電ボックスを充電する様子

なお、今回採用されている〝エクストリームバッテリー〟は最長160分間のフルHD動画の撮影が
可能な1770mAh大容量で、-20°Cの低温環境でも使用可能とのこと。DJIによれば「アクションカメラとしては初」という急速充電にネイティブ対応し、残量ゼロから18分で80%までチャージできるそうです。

» » » 後編へ続く


DJI「Osmo Action 3」の詳細と購入はこちらDJI公式ストア)
DJI OSMO ACTION 3 購入ページ



参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!