Google覚醒!「Pixel 7はiPhone 14より優秀」と断言できる決定的要素とは?


Googleは、日本時間10月6日午前10時に、Pixel 7シリーズを発表する予定です。これについて、テック系メディア「Android Authority」がリーク情報などから明らかになっていることを解説しています。


*Category:テクノロジー Technology|*Source:Android Authority ,9to5Mac

Pixel 7シリーズのデザインやスペック


Googleは昨年の「Pixel 6」シリーズで新しいデザイン言語を導入し、携帯電話の背面を水平に横切る「カメラバー」を搭載しました。このデザインは、「Pixel 7」シリーズにも受け継がれるようです。

Googleは開発者向け会議「Google I/O 2022」で、Pixel 7と7 Proをいち早く公開しました。これを見るかぎり、全体的なデザインは、Pixel 6シリーズとは大差ないようです。

しかし、細かな部分は変更されるようです。バイザー部分はアルミニウム製で、通常モデルにはデュアルカメラ、Proモデルにはトリプルカメラが搭載されていることが分かります。


また、ディスプレイ業界に詳しいアナリストのロス・ヤング氏によれば、Pixel 7 Proの画面サイズは変更されないものの、通常モデルは6.4インチからやや小さい6.3インチになるとのこと。デバイスのサイズは、Pixel 7は155.6×73.1×8.7mm(Pixel6より若干短く、幅は少し広い)、Pixel 7 Proが163×76.6×8.7mmとされています。

テック系メディア「9to5Google」によると、ディスプレイ性能に関しては、ほとんど変更は行われないとのこと。つまり、通常モデルのPixel 7は最大90Hz、Proモデルは最大120Hzリフレッシュレートのディスプレイを搭載することになります。


チップセットには、第2世代のTensorチップが搭載される見込みです。さらに、Pixel 7 Proは流出したプロトタイプから、12GBメモリ(RAM)、256GBストレージ、Exynos 5300モデムを搭載するとリークされており、Proの名にふさわしいスペックとなることが予想されます。

また、Tensorチップは基本的にサムスンのExynosシリコンのカスタム版であるため、Googleも同じくAMD製のGPUを採用するのではないかという憶測もあります。これが実現されればグラフィック性能の大きな向上が期待できますが、これはあくまで憶測の域にすぎません。

Pixel 7はコスパが超優秀

何よりもPixel 7が優秀といえるのは、コスパ、つまり価格の部分です。Pixel 7シリーズの通常モデルは600ドル、Proモデルは900ドルと、前モデルと同じ価格を維持することが予測されています。これが事実であれば、ライバルであるiPhone 14よりも199ドル安い価格設定です。

さらに、Googleは今のところ、円安による価格改定を行っておらず、Pixel 6aで1ドル=120円のレートを維持しています。このままPixel 7シリーズが発表されれば、円安の現状でも通常モデルの価格は7万円台からとなるでしょう。対して、ライバルであるiPhone 14の価格は約12万円からと、価格面ではPixel 7がかなり有利になりそうです。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!