Lightning→USB-Cに切り替わるApple製品7つ


Appleは、複数の製品でLightningポートを採用しています。しかしEUで、スマートフォンなどの充電端子をUSB-Cで統一する規制案が可決されたことにより、今後Apple製品の多くがUSB-Cに対応するようになるかもしれません。

USB-Cへの切り替えが噂される5つのApple製品について、テック系メディア「MacRumors」が最新情報をまとめています。


*Category:テクノロジー Technology|*Source:MacRumors,wikipedia

今後USB-Cポートを搭載する7つのApple製品


現在販売されている全てのMacには、USB-Cポートが搭載されています。そして、2018年以降のiPad Pro、2020年以降のiPad Air、第6世代iPad mini、Studio Display、Pro Display XDRも、USB-Cポートを搭載しています。またAppleは、iPad用のMagic Keyboardなどの充電もUSB-Cで行えるようにしました。

EUの規則が実施される2024年中までに、LightningからUSB−Cに切り替わると予測されている製品は以下の通りです。

【1】iPhone 15


iPhone 14はLightningポートを採用していると予想されています。しかし、著名アナリストのミンチー・クオ氏によると、iPhone 15の少なくとも1つの新モデルがUSB-Cポートを搭載するとのことです。

クオ氏がこの情報を伝えた直後、経済紙記者のマーク・ガーマン氏も、AppleがUSB-Cポートを搭載したiPhoneのプロトタイプモデルを実際にテストしていると報じています。

EUは2024年秋までに、すべての新しいスマートフォン、タブレット、ヘッドフォン、その他多くの電子機器において、USB-Cを共通の充電ポートとする新しい法律を導入することで合意しています。しかしAppleは、EUが定めた期限よりも早くiPhoneにUSB-Cポートを搭載させようとしているようです。

iPhone 15シリーズは、2023年9月頃に発表される見込みです。

【2】第10世代iPad


テック系メディア「9to5Mac」とガーマン氏の報告によると、エントリーレベルの「iPad」にUSB-Cポートが搭載されるとのことです。

Appleは、過去3世代のデバイスで行ったように、第10世代iPadを9月にリリースする可能性があります。第10世代iPadの発売により、Appleは初めてiPadの全ラインアップでUSB-Cを搭載することになります。

【3】AirPods充電ケース


Appleは、2022年後半に第2世代のAirPods Proを発表すると予想されています。ただし、新しい充電ケースはいまだにLightningポートを使い続けています。

しかし、iPhoneからLightningポートが廃止されるのであれば、この製品がLightningポートを搭載し続ける意味はもはやないでしょう。今後の見通しは不明ですが、ケースのみがUSB-C搭載のアップデートされるという可能性もあるかもしれません。

【4】MagSafeバッテリーパック


ミンチー・クオ氏が「LightningからUSB-Cに切り替わる」と主張しているアクセサリーの1つが、iPhone12以降に対応しているMagSafeバッテリーパックです。iPhoneの充電ポートがUSB-Cになれば、このバッテリーパックも統一されるというのは自然な流れです。

【5、6、7】Mac向けの周辺機器3つ


クオ氏は他にも、Mac向けの周辺機器もUSB-Cに統一されるとみています。これは「Magic Keyboard」「Magic Trackpad」「Magic Mouse」の3つです。

現在、この3つのは、すべてLightningポートを搭載しています。このようにAppleは、徐々にLightning採用デバイスを減らし、USB-Cポートを搭載した製品を増やしていくと見られます。しかし、発売される時期は明確ではありません。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!