Appleを支えてきた「iMac」は、どのように進化してきたのか?

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。


Appleには「iMac」と呼ばれるシリーズがあります。

iMacがどのように進化してきたのかを、海外YouTubeチャンネル「Flatlife」が解説しています。




*Category:テクノロジー Technology|*Source:Flatlife,wikipedia

「iMac」が人気になった理由とは?


iMacは、1998年にスティーブ・ジョブズが発表した最初のオールインワンMacintoshコンピュータです。

最初のiMacは32メガバイトのRAMと4ギガバイトのハードディスクしか搭載していませんでした。しかし、iMacは現在最も高速で信頼性の高いコンピュータの1つに進化しています。

Apple初のパソコンは、1984年1月24日に発売された「Macintosh 128k」で、価格は2,495ドル(約33万円)でした。

「Macintosh 128k」は、9インチのディスプレイを搭載していました。ただ、スペックは現行モデルと比べると決して高いものではありませんでした。しかし、当時はこのスペックが印象的で、それがMacintoshの好調な売れ行きにつながったのです。「Macintosh 128k」は、6週間で7万台売れました。


Appleはその後も「Apple Performa」シリーズをはじめ、多くのコンピュータを製造しました。しかし、Windowsを選ぶ消費者が増え、Appleにとって不運なことに、多くの機種は相次いで挫折を余儀なくされました。

1996年にAppleに戻ったジョブズは、Appleの状況を変えなければならないことを悟りました。ジョブズはインターネットを真のチャンスと捉え、インターネット・コンピュータを開発し始めました。そして誕生したのがiMacです。

つまりiMacは、インターネットの興奮とMacintoshのシンプルさの融合から生まれたということです。

このコンピュータの最初の利点は、ユーザーがより速くインターネットにアクセスできるようになったことです。今とは違い、インターネットが主流になりつつある時代だったため、デバイスもまだインターネットに最適化されていませんでした。

1998年、Appleは「iMac G3」を発表しました。「iMac G3」のキャッチフレーズは「There’s no step 3」です。つまり、インターネットに接続するために2ステップしか必要としないということです。当時としては、この手軽さはすごいことでした。

また、「iMac G3」のデザインも画期的でした。「iMac G3」は、半透明の「ボンダイブルー」の卵型筐体に15インチの画面を搭載した、当時には無かった外観をしています。フォーブス誌では「業界を変えるほどの成功」と評価されています。

また、フロッピーディスクドライブの代わりにCDドライブを採用し、賛否両論を呼びました。

「iMac G3」は、G3 PowerPCプロセッサ、32MBのRAM、2MBのビデオRAM、4GBのストレージを搭載し、価格は1,299ドル(約17万円)でした。そして発売から6週間で28万台以上を売り上げ、大成功を収めました。


1999年、G3の新モデルである「iMac G3 266」が発売され、カラーバリエーションが増えました。そして性能もアップグレードされました。


その1年後、さらにスペックが大幅に向上した「iMac G3 450」が発売されました。

ちなみに、iMacの「i」はインターネットを意味しています。ケン・セガールがこの名前を提案したのですが、ジョブズは最初は賛成しなかったそうです。なぜなら、ジョブズは「Mac Man」と名付けようとしていたからです。


2002年、アップルはデザインを改良した「iMac G4」を発表しました。

「iMac G3」に搭載されていたCTRモニターは「iMac G4」ではフラットパネルスクリーンに変更されました。スクリーンは、半球状の台座に取り付けられたステンレス製のアームで支えられています。このデザインにより、まるでスクリーンが空中に浮いているかのようなユニークな外観を持つ新しいコンピューターとなりました。

そして今回は、15インチ、17インチ、20インチの中から選ぶことができます。

G4は、より高速なプロセッサ、改良されたRAMとビデオRAM、40GBのストレージを備え、価格は1,299ドル(約18万円)から販売されました。


その2年後、Appleは「iMac G5」でデザインを完全に変えました。

このiMacは、コンピュータ全体がフラットスクリーンの後ろに隠れている最初のiMacです。そして、フラットスクリーンはアルミニウムのスタンドで支えられており、当時「最も薄い」デスクトップコンピュータといわれていました。

さらに、G5には17インチと20インチのディスプレイが用意され、仕様も大幅に改善されました。下位モデルは1,299ドル(約18万円)で販売され、高価な20インチモデルは1,899ドル(約25万円)で販売されました。


2005年の「iMac G5」にはiSightカメラが統合されました。RAM、ビデオRAM、ストレージも改善されました。基本ストレージは、160GBでしたが、250GBや500GBも用意されました。


2006年、Intelプロセッサを採用した最初のiMacが登場し、世界有数のチップと世界で最も革新的なコンピュータ会社の歴史的なパートナーシップが始まります。


1 2
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

編集部おすすめの人気無料ゲーム!

ゼンレスゾーンゼロ

ゼンレスゾーンゼロ
『原神』のHoYoverseの最新3Dアクションゲーム! 3人でチームを組み、爽快なバトルを楽しもう!

新着記事

目次