「AppleはiPhoneを台無しにした」元エンジニアが激怒したワケ

AppleのApp Store内の広告拡大が物議を醸していることを受け、以前同社でシニア・カーネル・エンジニアを努めていたシャック・ロン氏が、当時の従業員が広告プログラムの導入に猛反対したことを明かしています。

関連:Appleが「iPhoneのLightning廃止」を認める。USB-C搭載はいつ?

Appleが推し進めるApp Store内の広告強化を元エンジニアが批判


現在Nvidiaに所属するシャック・ロン氏は、2007年から10年間、Appleのシニア・カーネル・エンジニアとして活躍しました。同氏はApp Storeが初めてローンチされた時の社員でもあります。

ロン氏は今回、Appleの幹部がApp Storeに強引に広告を導入したことをTwitter上で明かし、同社を強く非難しています。

初期のiOSベータ版で初めてApp Storeに広告が表示されたとき、多くの内部関係者は非常に憤慨しました。お客様を侮辱している」と。私たちは強く反発しました。経営陣が私たちの懸念に耳を傾けるふりをした会議の後、彼らが考えを変えるつもりがないことが明らかになりました。(@stuntpants)

同氏によれば、App Store内での広告の表示については、社内でも大きな反発があったとのこと。しかしAppleは結局のところ、ストア内に広告を表示しています。


ロン氏はその後「OS内の広告でAppleがボロクソに言われるのは嬉しい限りだ」とコメントを続け、「ティム・クックは、FacebookやGoogleなどがアプリの広告で稼いでいるのを見て、その一部が欲しいと考えたのだ」と批判しています。

また、iOS内での広告は、iPhoneの完全性を損ねると言及。顧客に役立つ製品を作っていた同氏としては、この変更は不快だったと述べました。

私は、お客様に役立つ製品を作ることに誇りを持っていたので、iOSの広告は特に不快です。広告は、真の顧客である広告購入者のために、「顧客」を収益化する「ユーザー」に変えてしまうのです。広告は、製品の完全性を根本的に損ないます。(@stuntpants)

Appleは先日App Storeのデザインを変更し、より多くの場所に広告が表示されるようになりました。しかし、これによってアプリのページにギャンブルの広告が表示され、多くの開発者から批判の声も上がっています。

現在Appleはこのギャンブル等の広告の表示を停止したとしていますが、広告自体が減ることにはあまり期待できなさそうです。経済紙記者のマーク・ガーマン氏は8月、Appleは将来的に現在の広告収入を3倍近くにし、年間100億ドル(約1.5兆円)の収益を狙っていると指摘しています。


*Category:テクノロジー Technology *Source:@stuntpants ,Appleinsider(1) ,(2) ,MacRumors

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す