次世代「iMac Pro」ProMotion対応のミニLED大画面&最強チップ〝M3 Max〟搭載など予測・リーク・噂まとめ!

Appleが開発中と噂されている「iMac Pro」のリークや登場時期について、テック系メディア「MacRumors」がまとめています。

*Category:テクノロジー Technology *Source:MacRumors ,@mingchikuo ,Daniel Bautista(Behance)

「iMac Pro」は黒ベゼルのミニLED大画面を搭載とのリーク


Appleは2017年に27インチのiMac Proを発売しましたが、一度も新モデルが出ることはなく、2021年のはじめに姿を消しました。この後継的な存在だった27インチiMacも、Mac Studioと27インチStudio Displayの発売後、2022年3月に廃止されています。

「MacRumors」によれば、Appleは27インチディスプレイを搭載した大画面モデルと、現行の24インチモデルのアップデートの2つの新しいiMacの開発に取り組んでいるとのこと。現行の24インチモデルについては、Appleは2023年後半までM1モデルをラインナップに残し、その後M3チップを搭載した新バージョンを投入する可能性があるそうです。


24インチモデルは、デザインは変わらずにM3チップを搭載したモデルになるとされています。ただし、M2チップは2022年の6月に登場したばかりで、M3チップの登場はもう少し先になるはずです。

また、経済紙記者のマーク・ガーマン氏によれば、大画面のiMac(Pro)にはM3 ProおよびM3 Maxチップが搭載されるとのこと。画面には、現在AppleのMacBook Proの最上位モデルに採用されているミニLEDのProMotionディスプレイを搭載する可能性があるそうです。


このモデルがどのようなデザインになるかは不明です。一部の噂では、27インチiMacは黒いベゼルを採用したPro Display XDRと同様のデザインになるという説もあります。

Appleのアナリストであるミンチー・クオ氏は以前、この「iMac Pro」が2023年に発売されると予測していました。ただし「MacRumors」は、これより登場が遅れるという噂もあることを指摘しています。

Appleの計画はよく変わるため、現在の計画がどうなっているかは不明です。しかし、M3 Pro/Maxチップを搭載するのであれば、2023年に登場する望みは薄いかもしれません。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す