iPhone 14 Pro〝mini〟:5.5インチで片手操作も余裕&光学5倍ズームにも対応したモデルの仮想CG

もしも「iPhone 14 Pro」シリーズにminiモデルが登場したら、という設定の仮想CGを、海外YouTubeチャンネル「4RMD」が公開しています。



*Category:テクノロジー Technology *Source:4RMD ,The Infomation

極小5.5インチ、iPhone 14 Pro〝mini〟モデルの仮想CG


こちらがiPhone 14 Pro miniモデルの仮想CG。


サイズは5.5インチという設定で、カメラや筐体のデザインはProモデルのままです。


カメラには48MPカメラや超広角カメラに加え、5倍光学ズームに対応したテレスコープ・カメラも搭載。ちなみに実際のiPhone 14 Proにはテレスコープ・カメラは搭載されていません。


ノッチは廃止され、Dynamic Islandを搭載。Face IDとインカメラの2つのパンチホールがありますが、ソフトウェア上では一つの楕円として表示されます。


もちろんセラミック・シールドも搭載。小ぶりでもガラスは頑丈です。


カラーバリエーションはこんな感じ。グリーンなど、Proモデルには登場しなかったカラーリングも見られます。


通常モデルにおける「mini」はiPhone 12と13には存在しましたが、不人気だったのか14シリーズでは廃止されてしまいました。とはいえ、ちいさな筐体にProの性能を詰め込んだモデル、というのは、片手操作を愛するAppleファンであれば誰もが見たいハズ。


もしもminiモデルが人気になっていれば、Proモデルにも「mini」が登場する世界線があったのかも。しかし、miniモデルの代わりに登場した、大画面のPlusモデルも不人気なようで……

Appleは、iPhone 14 Plusのデビューから2週間足らずで生産を縮小していることが、同社のサプライチェーンに関わる2人の人物によって明らかにされました。

(中略)この部品に依存し、より大きなモジュールに組み立てる中国のAppleの下流サプライヤー2社も、それぞれ70%と90%の生産を削減していると、この人物は述べており、このサプライヤーがiPhoneの特定のモジュールを作っている唯一のサプライヤーであることを付け加えています。

結局のところ、miniモデルが売れなかった原因はサイズ以外にあったのかもしれません。例えばですが、miniサイズでも〝SEモデル〟として安価な価格で登場したら爆売れしそうな予感です。

AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す