新型iPhone SE:ノッチ搭載でフラット形状「Apple史上最大」の進化を遂げた予測CG

新型「iPhone SE」の予測CGを、海外YouTubeチャンネル「Concept Central」が公開しています。



*Category:テクノロジー Technology *Source:Concept Central ,MacRumors ,FRONT PAGE TECH

初代とおなじフラット形状になった「iPhone SE」の予測CG


こちらが新型iPhone SEの予測CG。これまでのiPhone 8を基にしたデザインではなく、初代iPhone SEやiPhone 12などのような、フラットなデザインになっています。


ディスプレイからはホームボタンがなくなり、代わりにノッチを搭載。生体認証も、Touch IDではなくFace IDに対応しているはずです。


カメラは単眼で、iPhone 14のような主力モデルとは差別化されています。とはいえ、カメラ性能をそこまで重視しない人にとっては十分なはずです。


カメラアプリを開いた画面も予測CGに登場。こうしてみると、ほとんど通常のモデルと変わりません。


全体的には、iPhoneの主力シリーズの妥当な廉価モデルといった感じ。これまでのiPhone SEシリーズ同様に5万円台で発売されれば、大人気のモデルになること間違いなしです。


なお、著名リーカーのジョン・プロッサー氏は、iPhone SE 4の外観が、最近のiPhoneのような四角い外観ではなく、2018年のiPhone XRと似たデザインになるとリークしています。


iPhone SEの歴代バージョンは、いずれも旧モデルのiPhoneを基にしているため、この指摘はもっともなものです。なおテック系メディア「MacRumors」が取り上げた噂では、次世代iPhone SEの登場時期は2024年頃になるとされています。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す