【ポケモンSV】ハイドロポンプ、何て省略する? 【ポケモン用語紹介】

この記事では、ポケモンを遊んでいる人達によく使用される「ポケモン用語」を紹介します。

ポケモン用語その1「ドロポン」


みずタイプの特殊技「ハイドロポンプ」の略称です。

他にも「ハイドロ」「ハイポン」「イドンプ」「ハインプ」「イドポプ」などの略称が使用されています。

しかし『ポケモンSV』内で「ハイドロ」が使用され、この論争に実質的な終止符が打たれました。

例文

「ハイドロは『ハイドロカノン』と混合するので、私は『ハイドロ』を使用し続ける。」

ポケモン用語その2「流星」


ドラゴンタイプの特殊技「りゅうせいぐん」の略称です。

威力130の高火力ではありますが、使用後に自分の特攻ランクが2段階下がります。

例文

「カイリューの流星を透かすため、フェアリーテラスのポケモンを採用した。」

ポケモン用語その3「技範囲」


覚える技によって等倍、抜群を取れるタイプの広さを指します。

かなり攻撃が通りやすくなるので、対戦における重要な要素です。

今作の新要素「テラスタル」と新規技「テラバースト」により、一気に技範囲が広がりました。

例文

「ドンファンは技範囲が広く、18タイプ中13タイプに等倍以上でダメージを与えられる。」

関連サイト

ポケモンSV公式サイト
・ポケモン公式Twitter(@Pokemon_cojp)
・【公式】ポケモン情報局(@poke_times)

(C)2023 Pokémon. (C)1995-2023 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc. (C) Nintendo

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す