折りたたみ型「iPad mini」割れる予想

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

Appleが開発中と噂されている「折りたたみ式iPad mini」について、2人の有力なリーカーの意見が登場しています。

*Category:テクノロジー Technology *Source:appleinsider ,@mingchikuo ,@markgurman

目次

2024年の「iPad」シリーズ:クオ氏の予測


著名アナリストのミンチー・クオ氏によれば、2023年は新しいiPadは登場しない可能性があるとのこと。クオ氏は以前、新型「iPad mini」が2023年後半にリリースされる可能性があると予測していましたが、今回は2024年前半になる可能性が高いと主張しています。

同氏は今後9~12ヶ月間は新しいiPadのリリースはない可能性があると述べています。また、「折りたたみ式iPad」についても言及し、この製品は「iPad mini」の代替品ではなく、別製品になると指摘しました。

クオ氏によれば、この「折りたたみ式iPad」には「カーボンファイバー製のキックスタンド」が搭載されるとのこと。

2024年の「iPad」シリーズ:ガーマン氏の予測

経済紙記者マーク・ガーマン氏の意見は異なっています。同氏は「2023年はiPadにとって明るい年になる」と主張しており、一方で2024年には折りたたみ式iPadが登場するという話は聞いていないとしています。



ガーマン氏によれば、2024年は「iPad」と「iPad mini」が刷新され、「iPad Pro」には有機ELディスプレイが初めて導入されるとのこと。ガーマン氏とクオ氏の情報はサプライチェーンやApple関係者から直接入手したものが多いため、このように意見が割れているのは珍しい状況です。

Appleが折りたたみ端末に取り組んでいることは特許やリークで明らかになっていますが、詳細はいまだに不明です。折りたたみ製品で最も成功しているのはサムスンですが、主流のトレンドとはなっていないため、Appleが折りたたみ端末を投入しない可能性も十分にあるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次