江頭2:50の「時効だから話せる話」恐怖のバイト編! 350万の借金地獄を明かす!

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

お笑いタレントの江頭2:50さんが、自身のYouTubeチャンネルで「時効だからな話せる話 危険なバイト編」をアップしました!今回は何と江頭さんの若い頃の恐怖のバイト体験談について明かします。一体どんなバイトだったのでしょうか?

今回の記事では、江頭さんがこれまで経験してきた恐怖のバイトエピソードをご紹介します。また350万円の借金暴露話にも注目です


目次

江頭さんの危険なバイト体験談を暴露! 

エガちゃんねるの「時効だから話せる話」第4回目になりました! 1回目は宗教団体パナウェーブ編・2回目は北朝鮮編・3回目は法の華三法行編で、視聴者からも人気が高いこのコーナー。そして4回目の今回は「危険なバイト編」です!

「これまでいくつもの危険なバイトを経験してきた」と話す江頭さん。どんなバイトをされてきたのか気になりますよね。若い頃はなかなか芸人の仕事では食べていけなかったそうです。「超危ない話がある」と自信たっぷりで話す江頭さん。一体どんなバイトだったのでしょうか? 

【バイトその1】旭硝子のアルバイト

江頭さんは芸人になる前、千葉の船橋に住んでいた頃「旭硝子」あのアルバイトをしていました。作業内容は、工場でテレビのブラウン管の箱詰め作業でした。江頭さんは色んなジャンルのアルバイトをされてきたんですね。ここではどんなエピソードがあったのでしょうか? 

江頭さん基本ギャグの前身となった! 

作業の流れとしては「取って・入れて・出す」の動作で、今の江頭さんギャグの前身ですね! ここで生まれていたとは意外でした。「工場での流れ作業だった為、ものすごい勢いでその動作を繰り返していた」と話す江頭さん。想像してみると面白いです。

「そのテキパキした動きを見た他のバイト生がゲラゲラと笑った」ことを明かしました。これは笑いを堪えるのに必死になってしまいますね。

工場長に褒められ指導役になる! 

「そのテキパキした動きのおかげで、他のバイト生よりも2倍多く箱詰めできていた」と語る江頭さん。さすが江頭さん、すごいですね!笑われながらも真剣にやっていたことがわかります。そんな江頭さんの元に工場長がやってきて「その動きみんなに教えてあげて」と指導役に抜擢されたそうです!

それから江頭さんは、バイト生一人一人にその動きを教えてあげました。バイトリーダーにまでのし上がった江頭さん。バイトを辞める頃には、他のバイト生全員がその動きができるようになっていました。みんなが今の江頭さんギャグの動きをしていたと思うと面白いですね。

江頭さんのポリシーと350万円の借金の事実

江頭さんは若い頃から「バイトではなく芸人で稼いだお金で食べていく」というポリシーを持っていました。「バイトをしていたら芸人として伸びない」と思っていたそうです。考え方がかっこいいですね。これが江頭さんが芸人として成功した理由なのかもしれませんね。

そんなポリシーを持っていた江頭さんですが、「いよいよ借金が350万円になってしまった」と、追い詰められていたことを明かします。借金の取り立ても来て大川総裁が「このままでは芸人を続けられないから何かバイトをしろ」と江頭さんに言ったそうです。

【バイトその2】怪しいモデルの仕事

そんな借金地獄の生活から抜け出す為、「芸人になってからも唯一1つだけバイトをした」と話す江頭さん。その芸人時代の唯一のバイトが、雑誌の求人で見た「ちょっと裸になるだけの簡単なモデル・時給2万円」という仕事内容を見て応募したバイトでした。

その裸になる謎のアルバイトは、東郷健さんが募集していたそうです。東郷健さんとは、政治活動家でもあり雑民党という政党を立ち上げて自分から立候補もしていた人物。また新宿2丁目でゲイバーも営み、雑誌の創刊もされていたそうです。ますます謎が深まりますね!

怪しい匂いがプンプンする現場

裸のモデルと聞いて、「これは俺にピッタリだ!」と思った江頭さん。裸がユニフォームの江頭さんには最適のアルバイトですね!そして電話をすると東郷健さん本人が出て、バイトの日時が決まりました。場所は閑静な住宅街の中にポツンとある館のような独特な家だったそうです。「アダムスファミリーのような館だった」と語る江頭さん。ドラマのような話ですね!

中に入って案内された部屋は、20畳くらいの板張りで三角木馬・チェーン・鞭があったそうです。怪しい匂いがプンプンしますね。

鞭で打たれる姿を撮影される江頭さん! 

そして裸にふんどし姿になり、ロープで吊るされた江頭さん。吊るされている時に「あれ? 最初に聞いてた簡単なモデルじゃないぞ」と我に返ったという江頭さん。ですがもう時すでに遅しで撮影が始まってしまい、鞭を持った東郷健さんが立っていて、「鞭で打たれる姿を撮影される」という仕事をこなしました。

すごい撮影ですね。これは東郷健さんが創刊する雑誌の企画だったそうです。世の中には色んな仕事があるんですね。

Twitterユーザーの反応

また、動画の視聴者からは下記のような反応がありました。

このコーナーは、毎回視聴者からも大人気ですよね。

江頭さんは人生経験が多く、色んなネタを持っていますよね!毎回面白くてすごいです。

この恐怖の過去エピソードがあったからこそ、今の江頭さんがいるんですよね。

人生経験豊富な江頭さんならではのエピソード! 

人生経験豊富な江頭さんならではの衝撃エピソードでしたね!これはなかなか体験できないアルバイトだったのではないでしょうか。江頭さんの話し方も惹き込まれるものがあり、とても聞きやすかったですね。この若手時代の苦労した経験があるからこそ、今の江頭さんがいるような気がします。

最後までご覧いただきありがとうございました。今後の江頭さんの動画にも期待しましょう!

サムネイルは以下より:

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次