杏がパリでおでん作りに挑戦! パリでもおいしい練り物は作れる?

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

杏さんの『パリのお友達と手作りおでんに挑戦しました』という動画が話題になっています。

この記事ではパリで手に入りにくい練り物を一から手作りする様子を視聴者の反応と合わせてご紹介します。ぜひ最後までご覧ください。


目次

パリでおでんを食べたい!

「何を作ろう? 」と仲間内で話をしていた時に『おでん』を推す声がたくさん上がったそうです。今回はそんな日本の冬の風物詩『おでん』をパリで作る動画になっています。はたして美味しくできたのでしょうか?

パリでは手に入らない練り物

大根やこんにゃくはアジア系のお店に行けば手に入るとのことですが、練り物は販売していないようですね。ですが材料さえ手に入れば手作りできるのでは? ということで今回、お友達が書いてきてくれたレシピをもとに料理していきます。

レシピは、さつま揚げ、がんもどき、はんぺん、ちくわぶ、そして魚ロッケ。魚ロッケは今までに聞いたことがありませんが、みなさんはご存知でしょうか? そして動画の中で紹介されているゴボウの商品名の表記が『ごばう』になっています!見つけてみてくださいね。

まずは練り物の代表、さつま揚げ

工程は簡単に思えるのですが、とにかく手間がかかりそうです。白身魚タラの種類キャビオと山芋をフードプロセッサーにかけ、調味料とゴボウのささがき、みじん切りのにんじん、枝豆を入れて、よくかき混ぜます。2等分した片方にはエビを入れて下ごしらえは完了です。

もうすでに美味しそうですが、これを一口大の大きさに丸め、こんがり揚げると出来上がり。まるでお店で買ってきたような仕上がりになりました。さすが杏さん、これは間違いなくビールが進みます!

フードプロセッサー大活躍

練り物ということで、だいたい材料は似通っています。そして大活躍するのがフードプロセッサー。これがあれば家でも作れるのでは? と錯覚してしまいそうです!

まん丸がんもどき!

さつま揚げと材料はほぼ同じですが、とうふとヤマイモ、しいたけ、卵を追加します。そして隠し味にとろろ昆布。きっと味が引き締まるのでしょう。冷凍しいたけを使用したのでフードプロセッサーにかけると粉になってしまったのはご愛嬌。

混ぜ合わさったところで2本のスプーンを使い、器用に丸め低音の油でじっくり揚げます。出来上がったのは丸くて可愛い、たこ焼きのよう。ですが切ってみると中身はがんもどきそのもので、これも上出来なのではないでしょうか。

続けてはんぺん、パリちくわぶも!

つづいて白身魚をメインに混ぜ合わせたものを容器に入れ湯煎して作ったはんぺん。お店のはんぺんのように真っ白ではありませんが、なかなか趣のあるはんぺんが出来上がりました。

ちくわぶも、あらかじめ寝かしてあった小麦粉をクッキーの型抜きで成形していきます。ハートありエッフェル塔ありと、パリらしいちくわぶの完成です!杏さんの動画を見ていると料理の楽しさが伝わってきます。

魚ロッケとは?

魚ロッケとは「魚のすり身をコロッケ状に揚げたもの」だとか。最初、杏さんも「誤字かな? 」と思ってしまったようで紛らわしい名前ですね。筆者は初めて聞いたのですが佐賀県・大分県・山口県には昔からある料理のようです。『ギョロッケ』と読むのがまた可愛いですね。

材料や作り方はコロッケとほぼ同じのようで、お肉を白身魚のすり身に替え、油で揚げこんがり焼き色がついたら完成です。杏さんは2度揚げしていました。つまみ食いの時に聞こえるサクサクという音が、なんとも美味しそうです。お友達の言うようにバンズにマヨネーズとキャベツの千切りを挟んで食べると間違いないでしょう!

気になる視聴者の反応は?

今回も美味しそうな動画でした。難しそうなものも簡単に作ってしまう杏さん。何よりお友達と一緒に料理する姿がとても楽しそうで幸せな気持ちになりました!そして杏さんの感想も「まさに、おでん」と納得の出来だったようです。

「練り物を一から作るなんて、杏ちゃん達は凄い。料亭のおでん、美味しそうです」「手作りでさつま揚げをフランスで、化学調味料無添加でお野菜たっぷり」みなさんから絶賛のコメントが多く寄せられていました。

そうですね。逆に粉末になったことで美味しさが増しているかもしれませんね。

ゴボウは本当に太かったですね!丸太に見えました。

これからも色んな料理を楽しみにしています!

今回は杏さんの動画『パリのお友達と手作りおでんに挑戦しました』を紹介しました。いつも楽しそうに料理する姿やプロ並みの料理の腕前にはいつも感心させられます。いつか、お店を開いてくれると嬉しいのですが!

今後の杏さんのパリでの生活を気になる方は是非、YouTubeチャンネルの登録、その他SNSのフォローをよろしくおねがいします。みなさんで一緒に、応援していきましょう!最後までご覧いただきありがとうございました。

サムネイルは以下より:

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次