【short】スーパーのレジ打ちバイト中に言われた「ムカつく」言葉とは!?【体験談】

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

通勤通学時間や、暇つぶしなど、サクッと読める体験談を紹介する『short体験談』のコーナー。

今回は、とある『スーパーのレジ打ち』のアルバイトをしていたときに「お客さん」に言われた衝撃の言葉。

目次

スーパーのレジ打ちのバイトで言われた「ムカつく」言葉


様々なアルバイト経験の中で、理不尽な言葉をかけられてしまうこと、ありますよね?

今回は、とある『スーパーのレジ打ち』でアルバイトをしていたときに「お客さん」に言われた衝撃の言葉を紹介します。

これは、私が30代のときに「スーパーのレジ打ち」でバイトしていた時の話です。

私は、ゆっくりとした時間帯はお客様の雑談話を聞きながらレジ接客を行っていました。

ある時から特定のお客様が毎日自分のレジに並ぶようになりました。

最初は商品についての問い合わせなどでしたが、次第に個人情報を聞いてくるようになり、しまいには「自分と子づくりしよう」と言われました。

あまりにも気持ちが悪かったのですぐさまその場から逃げたのですが、それ以降も毎日来店。

「街の中で見かけたら声をかけていいですか」「何月何日にここに来てください」など話しかけてくる内容は悪化。

店頭で何度か迷惑ですと伝えても聞き入れてもらえず、他従業金同伴で改めて迷惑だからとお断りをしたところ・・・。

 

1 2
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次