iPhoneの高額転売〝世界記録〟が更新される。いくら稼げたのか?

[PR] 本ページでは紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

2007年に発売された初代iPhoneの未開封品が、過去最高額で落札されています。

*Category:テクノロジー Technology *Source:wccftech ,LCG Auction

目次

奇跡に15年間〝未開封〟だった初代iPhone


オークションは「LCG Auctions」で行われ、2月2日に開始し、2月19日に終了しました。入札数は合計27件でした。初代iPhoneはもともと、小売価格599ドル(現在レートで約8万円)で販売されていましたが、現在はビンテージ品として注目を集めています。

初代iPhoneの画面サイズは3.5インチ、ピクセル密度は163と現在では考えられないほど小型です。スティーブ・ジョブズはスマホの大画面化のトレンドに抵抗しましたが、現在のモデルは6インチ以上とかなり大型化しています。それでも、初代iPhoneが今日のスマートフォン業界を形作ったことは間違いないでしょう。

今回出品された初代iPhoneの持ち主は、2007年に友人からiPhoneをプレゼントされたそうです。しかし当時、iPhoneはAT&Tのキャリアでしか使用できなかったため、彼女は幸運にも未開封のまま保管していたそう。そして15年後になって、オークションで最高額を記録したのです。

携帯電話の元の所有者であるカレン・グリーンは、TV番組「The Doctor & The Diva」のトレジャーハントコーナーで初めて紹介された素晴らしいバックストーリーと一緒に、この商品を委託されました。


約16年前に作られたこの携帯電話は、表裏のシャープなコーナー、豊かな色合い、そして「ケースフレッシュ」な特徴を見事に表現しています。裏面のラベルはシールの下にあり、保管時の摩耗は最小限です。これは、10月の記録的なセール以来、オークションに出品された許容可能なコンディションのオリジナルiPhoneの中で初めてのものです。コレクターにも投資家にも魅力的な逸品です。

工場出荷時の密閉された状態の初代iPhoneは、コレクターの間で注目されています。同様の状態の初代iPhoneは昨年8月に35,414ドル(約476万円)、10月に39,339ドル(約529万円)という価格が付き、多くのメディアに取り上げられています。

そして今回オークションに出品された初代iPhoneについた価格は、なんと63,356ドル(約851万円)。これは元の価格の105倍以上にあたり、今日現在、このデバイスについた過去最高の価格となっています。



よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次