5万円のGoogle「Pixel Watch」中身は〝安い部品〟ばかり

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

Google初のスマートウォッチ「Pixel Watch」の詳細な製造コストについて、米調査会社Counterpointが報告しています。

*Category:テクノロジー Technology *Source:Ars Technica ,Counterpoint

目次

Pixel Watchの原価率はApple Watchを下回る


GoogleのPixelスマートフォンはコスパに優れていますが、「Pixel Watch」の価格は350ドル〜400ドル(日本価格は約4万円〜5万円)とけして安くはない価格です。

テックメディア「Ars Technica」はこの価格について、Appleやサムスンの同等製品を大きく上回っており、「Pixel Watch」が他の製品と比べ「遅い、古い部品」を使用していることを考えると、その差は歴然としていると指摘しています。

Counterpoint社のレポートでは、Googleの「Pixel Watch」の部品表が詳述され、400ドル(日本円では約5万円)のLTE版モデルの製造コストは123ドル(約1.7万円)であるという結論に達しました。実際には他にも研究開発費や人件費、その他のコストもかかりますが、競合と比べるとかなり安く収まっているのです。

Counterpoint社による「Apple Watch Series 6」の材料費の見積もりでは、希望小売価格は400ドルだったのに対し、製造コストは136ドル(約1.9万円)となっていました。Appleは業界で最も高い利益率を誇ることで有名な企業ですが、この試算を比較すると、Apple Watchの利益率は66%なのに対し、Googleは69%と上回ることになります。

この報告書では、Googleがその123ドルをどこに費やしているかの内訳も示されています。なお、この内訳はApple Watchと大差ないとのことです。


1位はサムスン。Pixel Watchはサムスン製チップ「Exynos 9110」とサムスン製モデムを搭載しており、Pixel Watch製造コスト全体の20%をサムスンが占めています。なお、この9110は4年前のかなり古いチップで、サムスンからすれば型落ちのものです。

2位は中国の人気ディスプレイメーカーBOE。今回の試算では製造コストの14%を占めています。ただ「Pixel Watch」のディスプレイのベゼルは競合他社よりも太く、目立つものです。「Ars Technica」はこれについて「より良いディスプレイ・サプライヤーであれば修正できたかもしれない」と指摘しています。

このように「Pixel Watch」は、他のGoogle製品とは違い、コスパに優れたスマートウォッチとはいえません。とはいえ、このような問題は第2世代では解決される可能性もあります。今のところGoogleの第2世代「Pixel Watch」の噂はありませんが、よりコスパが良く、性能でも優れた製品になることを期待したいところです。

スマートウォッチをAmazonで見る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次