【WBC】侍ジャパンvs阪神の試合結果は!?

WBC本大会に向けての強化試合も残り2試合。その中で行われた3月6日の阪神戦。この試合からメジャー組も試合解禁され出場しています。日本代表にとっていい状態で迎えるためにも、落とせない試合。そこで今回は、負けられない強化試合の阪神戦を徹底解説してきます。

目次

3月6日vs阪神戦

3月6日に京セラドームにて阪神タイガースと強化試合を行いました。メジャー組の打者3人がスターティングメンバーに名を連ねる豪華な布陣で挑む日本代表。WBC開幕まで残り時間少ない中で挑む阪神戦。打線の奮起だけではなく、投手陣の安定した投球が見れるかどうかも勝利に繋がる大事な要素です。この試合は果たしてどういった結果になるのか注目して見て行きましょう。

スターティングメンバー

1番センターラーズ・ヌートバー選手・2番ライト近藤健介選手・3番指名打者大谷翔平選手・4番サード村上宗隆選手・5番レフト吉田正尚選手・6番ファースト岡本和真選手・7番セカンド山田哲人選手・8番ショート源田壮亮選手・9番キャッチャー中村悠平選手。先発投手山本由伸投手。

試合内容(攻撃)

1回ヌートバー選手がヒットで出塁するも、後続が倒れ無得点。2回も、三者凡退で終了。3回に侍ジャパンが先制点を奪いました。源田壮亮選手がツーベースヒットでチャンスを作り、ヌートバー選手がタイムリーヒットを放ち1点先制。次の打者の近藤健介選手がフォアボールで出塁。そして迎えるは、大谷翔平選手。139キロのフォークボールを上手く捉えバックスクリーンに運ぶホームランを放ち3点追加。続く4回は無失点。5回にまたスコアが動きます。源田壮亮選手が内野安打で出塁し、近藤健介選手がフォアボールを選び、再びチャンスで大谷翔平選手。ストレートを完璧に捉え、またもバックスクリーン右に運ぶホームラン。2打席連続のホームランで3点追加。その後、村上宗隆選手が内野安打で出塁すると、続く吉田正尚選手がレフトの頭上を越えるツーベースヒットで1点追加し8点目。6回以降は、ヒットで出塁するなどチャンスを作る場面もありましたが、得点には結びつきませんでした。

試合内容(投手)

侍ジャパンの先発投手は山本由伸投手。初回からヒットを許しランナーを出すも、無失点で切り抜けます。ですが、3回に阪神の近本選手にホームランを打たれ失点。その後、連打で1・2塁のピンチを作るも、阪神4番の大山選手を三振で打ち取り、ピンチを切り抜けます。この回でマウンドを降りた山本由伸投手は、4本のヒットを許すも、1失点で抑える良いピッチングを見せてくれました。4回からは、高橋奎二投手が登板。4回は、ヒットを許すも、全てのアウトを三振で取るピッチングを見せると、その後も無失点で切り抜け、3回を投げて2安打4奪三振と順調な仕上がりを見せました。
7回からは、各イニング1人ずつ登板。7回が松井裕樹投手、8回が湯浅京己投手、9回が栗林良吏投手。3投手とも、1人のランナーも出さず、無失点で切り抜けました。

日本代表の課題(打撃)

今回行われた阪神戦では、打点を決めたのは、大谷翔平選手と吉田正尚選手のみ。合流したメジャー組が試合を決めました。チームに活気が出てきて、良い影響を与えています。ですが、試合の後半にチャンスを作るも、あと一本が出ずに点を取れない場面が続きました。特に注目を集めている村上宗隆選手や山川穂高選手。この2人に快音がなく、本戦に向けて課題が残る試合となりました。時間がない中での調整の為、難しい部分もあると思いますが、日本球界の主砲に待望の一発が出ることを期待しながら観戦していきたいと思います。

日本代表の課題(投手力)

先発登板した山本由伸投手を始め、先発投手陣はうまく調整ができている印象です。課題として、中継ぎで投げることが多い投手に不安がある事や、球数制限による継投の難しさなど様々あります。中日戦で1回持たずにノックアウトした松井裕樹投手。阪神戦では、見事に立ち直り、三者凡退に仕留める良いピッチングでした。他の、中継ぎ投手は順調に調整できており、大勢投手は、自己最速タイの159キロをマークするなど絶好調です。WBC球は、普段使用している球とは性質が違うため、調整が難しく、苦労している投手もいます。ですが、どの投手もしっかりと照準を合わせて調整しているので、WBC本線でどんなピッチングを見せてくれるか楽しみです。

まとめ

まもなく開幕するWBC本選。中日戦で黒星を喫するも、30人揃った阪神戦では大勝。メジャー組が侍ジャパンに合流した事で、チームに活気が出てきました。若手の選手には、お手本となる選手が出来て、今後の選手生活にも良い影響が出てきます。侍ジャパン30人の力を活かして、まずは予選リーグ突破。そして、アメリカで行われる準決勝と決勝を勝ち抜き、世界一の称号を持って帰ってきて欲しいです。これからの侍ジャパンの活躍を応援しています。

AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す