次世代「iPhone 15」で消える重要パーツ3つ

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

例年通りであれば、今年9月に登場する見込みの次世代「iPhone 15」。このモデルでは、これまでのiPhoneに搭載されてきたいくつかの重要な部品が廃止されるとリークされています。

*Category:テクノロジー Technology *Source:9to5mac(1) ,(2) ,@PhoneDesigner ,@VNchocoTaco ,@mingchikuo

目次

「iPhone 15」で消える3つの部品

これまでのリークで判明したのは以下の3つ。とくにProモデルは、近年見られなかった規模の大幅な変化が加えられるようです。

【1】ノッチが排除されDynamic Islandに


「iPhone 14 Pro」に引き続き、「iPhone 15」シリーズでは全モデルでノッチが廃止され、Dynamic Islandに切り替わるとリークされています。

最近では、著名リーカーのShrimpApplePro氏(@VNchocoTaco)が、前面ガラスフィルムをリーク。動画では、ノッチではなくDynamic Islandに最適化されたフィルムの形状を確認できます。

【2】Lightningポート廃止でUSB-Cに対応

「iPhone 15」シリーズでは、ついにLightningポートが廃止され、充電端子がUSB-Cポートに統一されるとのリークが有力になっています。この変更はEUの規制を受けてのものです。

なお、著名アナリストのミンチー・クオ氏によれば、転送速度については通常モデルは前世代から変わらず、Proモデルのみが高速になるとのこと。

ただし最近では、このケーブルにもMFi認証(Appleの認証)用のICチップが埋め込まれるという噂も登場しています。転送と充電の速度を最大限出すには、この認証を受けたケーブルを購入する必要があるかもしれないとのことです。

【3】物理ボタン廃止で静電容量式に


クオ氏によれば、「iPhone 15 Pro」モデルでは電源やボリュームを調節するための物理ボタンが廃止されるとのこと。

代わりに搭載されるのが、ボタンを押した感触を返すHapticエンジンを搭載した、静電容量式のボタンです。この変更はProモデルのみとのことですが、今後はさらに他のiPhoneにも搭載されるようになるかもしれません。

さらにテックメディア「9to5Mac」が共有したリークによれば、電源ボタンやボリュームボタンだけではなく、iPhoneの特徴の1つでもあるミュートスイッチも排除されるとのこと。代わりに「押すタイプ(おそらく静電容量式)」のボタンが搭載されるそうです。

iPhoneをAmazonで見る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次