【遊戯王OCG】エルフ禁止!バルブ復帰!2023年4月リミットレギュレーション公開

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

KONAMIが全世界に展開するトレーディングカードゲーム『遊戯王オフィシャルカードゲーム(遊戯王OCG)』にて、2023年4月1日(金)適用のリミットレギュレーション(禁止制限)が公開されました!

目次

スプライト・エルフが禁止カードに


※サムネイル画像は遊戯王マスターデュエルより

KONAMIが展開するトレーディングカードゲーム『遊戯王OCG』にて、2023年4月1日(金)より適用される、新たなリミットレギュレーション(禁止制限)の内容が発表されました。

環境で暴れ続けたテーマ、スプライトのメインカード「スプライト・エルフ」がとうとう禁止カードとなったほか、「スプライト・ブルー」が制限に。また、イシズ関連カードやビーステッド、ティアラメンツにも制限がかかる形となりました。

フィールドのモンスター効果を向こうにしてしまう往年のロックカード「スキルドレイン」も制限カードとなったのは、今後の環境に少なからず影響を与えてきそうです。

また、禁止カードから「焔征竜-ブラスター」、「グローアップ・バルブ」が制限カードとして復帰したことも、大きな注目点のひとつ。前者は2023年5月27日(土)に発売となる最新パック「遊戯王OCG デュエルモンスターズ デュエリストパック -爆炎のデュエリスト編-」、後者は4月22日(土)に発売されるパック「DUELIST NEXUS」に向けた緩和なのかもしれません。

【適用予定日】
2023年4月1日(土)

■新たな制限改訂の対象となるカード

※今回の改訂でデッキに投入できる枚数が減ったものは青文字、増えたものは赤文字で表記しています。

【新たに禁止となるカード】

  • スプライト・エルフ【無制限⇒禁止】

【新たに制限となるカード】

  • 焔征竜-ブラスター【禁止⇒制限】
  • グローアップ・バルブ【禁止⇒制限】
  • 剣神官ムドラ【無制限⇒制限】
  • 古尖兵ケルベク【無制限⇒制限】
  • 深淵の獣ルベリオン【無制限⇒制限】
  • スプライト・ブルー【無制限⇒制限】
  • ティアラメンツ・ハゥフニス【準制限⇒制限】
  • ティアラメンツ・メイルゥ【無制限⇒制限】
  • 深淵の獣ドルイドヴルム【無制限⇒制限】
  • 深淵の獣バルドレイク【無制限⇒制限】
  • スキルドレイン【無制限⇒制限】

【新たに準制限となるカード】

  • エンシェント・フェアリー・ドラゴン【制限⇒準制限】
  • 転生炎獣ガゼル【制限⇒準制限】
  • 鎖龍蛇-スカルデット【制限⇒準制限】
  • 星守の騎士 プトレマイオス【制限⇒準制限】
  • BF-隠れ蓑のスチーム【制限⇒準制限】
  • 雷鳥龍-サンダー・ドラゴン【制限⇒準制限】
  • 天底の使徒【制限⇒準制限】
  • 魔導書の神判【制限⇒準制限】
  • 神碑の泉【無制限⇒準制限】

【制限解除されるカード】

  • オルフェゴール・ガラテア【準制限⇒解除】
  • 鬼ガエル【準制限⇒解除】
  • 閃刀姫-カガリ【準制限⇒解除】
  • 八汰烏【準制限⇒解除】
  • 呪われしエルドランド【準制限⇒解除】

【関連リンク】

・最新パック「DUELIST NEXUS」Amazon販売ページ

公式サイト

・公式Twitter(@YuGiOh_OCG_INFO)

(C)スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI (C)Konami Digital Entertainment

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次