打倒テスラの鍵は〝iPhone〟Apple Carの超重要パーツ

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

Appleが長年開発していると噂の「Apple Car」。この車の鍵となるのが、iPhoneの一部モデルにも搭載されているLiDARシステムです。

*Category:テクノロジー Technology *Source:経済日報 ,9to5Mac

目次

Apple Carの重要パーツ「LiDARセンサー」


LiDARセンサーは、レーザー光を照射することでモノとの距離や形状を把握するシステムです。LiDARセンサーは車の周囲を高精度で360度把握できるため、自律走行技術において非常に重要とされています。

中国メディア「経済日報」によれば、AppleはLiDARセンサーを中心に、Apple Carの自動運転機能の開発に向けた取り組みを強化しているとのこと。このLiDARセンサーのサプライヤーとして選ばれたのが。台湾の大手ファウンドリーであるWin Semiconductorsです。

Win Semiconductorsは、すでにiPhoneのサプライチェーンの一部であり、LiDARセンサー製造の世界的大手です。アナリストは、Appleが近年、自動車技術に関連する特許を積極的に申請しており、その多くがLiDARセンサーに関連していることを指摘しています。例えば、Appleは運転の安全性を高めるために可視光線、近赤外線、長波長赤外線センサーを組み合わせたシステムを提案していますが、これらはすべてLiDARセンサーを必要とするものです。

Win Semiconductorsは、Appleと安定したパートナーシップを築いており、技術力・量産力において実績があります。従来、車載用LiDARセンサーは検証プロセスに時間がかかりますが、業界関係者は、Win Semiconductorsの現在の製造プロセスと技術は、GOサインが出ればApple Carの要求を満たすのに十分な設備が整っていると指摘しています。


Apple Carに関する噂は何年も前から流れていますが、自動車市場におけるAppleの目標はまだ不明です。しかし、AppleがApple Carを開発していることを示唆する噂は他にも複数登場しています。

テックメディア「9to5Mac」によれば、Appleの自律走行車のテストフリートは67台で据え置かれたものの、モニタリングドライバーの数が増加したとのこと。また、Apple CarにLiDARが採用された理由については、主要な競合であるTeslaが2021年にカメラとレーダーの組み合わせからLiDARに変更したことがあげられています。

LiDARセンサーは進歩や低価格化が進むにつれ、自律走行車の普及に欠かせない要素になる可能性があります。車に関するノウハウはほとんど持っていないAppleですが、LiDARセンサーは競合をリードする数少ない部品の1つです。また、AppleがLiDARセンサーをApple Carに採用することで、業界全体で自動運転車への開発・導入が加速されかもしれません。

◆ 関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

新着記事

マックスむらいの最新ドッキリ動画

目次