初搭載パーツだらけ「iPhone 15」の〝3大進化点〟がリーク

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

次世代「iPhone 15 Pro」の金属製ダミーモデル(模型)が、中国SNSで公開されています。

*Category:テクノロジー Technology *Source:douyin ,Appleinsider

目次

「iPhone 15 Pro」金属製ダミーモデル

「iPhone 15 Pro」ダミーモデルを公開したのは、中国のSNSサイトDouyin(中国版TikTok)にて、「宏洋科技」というアカウントです。ダミーモデルはケースメーカーなどが参考にするもので、主にリークから制作されています。

進化点(1)ペリスコープ型望遠レンズ

背面はこんな感じ。前モデルと同様、大型のカメラが搭載されています。動画からは分かりにくいものの、テックメディア「Appleinsider」はこれについて、カメラバンプが少し大きいと指摘。これは、従来より優れた光学ズームを提供するペリスコープレンズの搭載によるものしれません。


前面もあまり変わりありません。ただし、ややベゼルが細くなっているようにみえます。


進化点(2)USB-Cポートの搭載

「iPhone 15 Pro」の底面にあるポートは、現在のLightningポートより広く見えます。噂どおりであれば、これはおそらくLightningポートに変わるUSB-Cポートです。


ポートの変更は、初めてLightningポートが搭載された「iPhone 5」以来、約10年ぶりのことです。

進化点(3)物理ボタンの完全撤廃

目に見える最も大きな変化が、左側に搭載されている細長いボタンです。これは、ひとまとめになったボリュームボタン。その上には、ミュートスイッチの代わりになるアクションボタンが搭載されています。


著名アナリストのミンチー・クオ氏などのリークによれば、これは物理ボタンではなく「ソリッドステート」のボタンとのこと。このボタンは物理的に動かず、触ると触覚フィードバックを返す仕組みになっています。物理ボタンがないというのはスマホとしてもかなり異例で、前代未聞の変更といっていいでしょう。

私の最新の調査によると、新型iPhoneのハイエンドモデルであるiPhone15/2H23の2機種の音量ボタンと電源ボタンは、物理的/機械的なボタンデザインに代わって、固体ボタンデザイン(iPhone7/8/SE2 & 3のホームボタンデザインと同様)を採用するかもしれないという。

例年通りであれば、Appleは2023年秋にiPhone 15を発表する見込み。その他、新機種の特徴として、A17 Bionicチップ、Wi-Fi 6E、ベゼルの薄型化、メモリの増設などが予測されています。

Amazonで「Anker  モバイルバッテリー」見る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次