M3搭載「MacBook Air」2機種の〝登場が近い〟根拠

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

Apple初の15インチ「MacBook Air」について、登場磁器を示す詳細なリークが登場しています。

*Category:テクノロジー Technology *Source:MacRumors ,Bloomberg ,9to5Mac ,@mingchikuo

目次

13インチと15インチの新型「MacBook Air」が近々登場


ディスプレイ業界に詳しいロス・ヤング氏によると、大画面化した15インチ「MacBook Air」のディスプレイ生産が2月に開始されており、3月、4月で増産が予定されているとのこと。ヤング氏はこれを受け、正確な発売時期はわからないものの「4月下旬から5月上旬」に同モデルが発売される可能性があると予測しています。

この情報を共有したテックメディア「MacRumors」は、Appleの開発者向けイベント「WWDC 2023」で発表されるのではないかと指摘。Appleは6月5日に同イベントを予定しており、去年もこのイベントでM2搭載「MacBook Air」を発表しました。

これについては、経済紙記者のマーク・ガーマン氏も同様のリークを出していました。

Appleは晩春から夏にかけて3機種ほどの新しいMacを発表する予定だと聞いている。その3機種とは、 初の15インチMacBook Air(コードネームJ515)、国産のApple製チップを搭載した初のMac Pro(J180)、13インチMacBook Air(J513)のアップデートとなるようです。

いずれにせよ、今年の前半により大きな「MacBook Air」が登場することはほぼ間違いないでしょう。「MacRumors」によれば、「MacBook Air」は15.5インチディスプレイを搭載し、現在販売終了している15.4インチ「MacBook Pro」とほぼ同じサイズになる可能性があるとのこと。


デザイン的には、15インチ「MacBook Air」は現行のM2モデルと同じデザインを採用すると予想されています。この「MacBook Air」がどのチップを採用するかはまだ分かりませんが、テックメディア「9to5Mac」はこれについて以前、「M3チップになる」とリークしていました。

9to5Macの情報筋によると、新しい13インチMacBook Air(コードネーム:J513)は、M3チップを搭載してすでに開発中であるとのことです。この製品は、同じくM3チップを搭載した全く新しい15インチ版(コードネーム:J515)と共に発表される予定です。

ガーマン氏も明言はしませんでしたが、13インチ「MacBook Air」については「M3チップ搭載が妥当」だと指摘しており、同時に発売されるのであれば15インチ版にも同じチップが搭載される可能性が高いでしょう。M3チップについては、Apple初の3nmプロセスを採用するという見方が有力です。

これまでのMacBookシリーズは、「Airだと小さい、でもProは高くてデカい」という微妙なサイズ感でしたが、15.5インチ「MacBook Air」は大画面で高性能、しかも持ち運びやすいという夢のスペック。価格次第ではあるものの〝爆売れ〟の予感がするモデルです。

MacBookをAmazonで見る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次