【速報】Appleが預金口座「Savings(セイビング)」の提供を開始、金利は日本の大手銀行の4,000倍超

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

高利回りの預金口座をiPhoneユーザーが利用可能になる「Savings(セイビング)」の提供開始をAppleが4月17日(米国時間、2023年)に発表しました。パートナーは〝ウォール街最強の投資銀行〟として知られるゴールドマン・サックスで、「Appleカード」に続く同社のリテール向け事業の強化としても大注目です。

» Apple Card’s new high-yield Savings account is now available, offering a 4.15 percent APY – Apple


※ この記事はテックニュースや業界の話題を紹介するものであり、投資の勧誘やアドバイスではありません。

驚異の「年利4.15%」を普通預金口座で提供

Appleは発表文で「ゴールドマン・サックスの普通預金口座は、国内平均の10倍以上となる4.15%という高利回りで現金を増やすことができます」と述べています。なお、金利は状況に応じて変動する可能性があります。

Starting today, Apple Card users can choose to grow their Daily Cash rewards with a Savings account from Goldman Sachs, which offers a high-yield APY of 4.15 percent1 — a rate that’s more than 10 times the national average
— 出典:Newsroom – Apple

日経新聞も「4.15%の預金利回りは、0.3%台にとどまる貯蓄口座の全米平均の10倍以上となる」と報じています。

なお、参考までに日本の普通用金金利をしらべてみたところ、三菱FUJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行が0.001%となっており、Apple「Savings(セイビング)」の4150分の1という結果でした。

◆ iPhone ユーザーにメリット大

Apple PayおよびApple Wallet担当副社長であるジェニファー・ベイリー(Jennifer Bailey)氏は「Savings(セイビング)は、Apple カードの特典であるDaily Cashを活用して毎日かんたんにお金を貯めることができるようにするサービスです」と語っています。また、「私たちの目標はユーザーがより健全な資金繰りを実現するめのツールを構築することであり、WalletのApple カードにSavingsを組み込むことで、ユーザーはDaily Cashを直接、シームレスに使用、送信、保存することができるようになります。すべてが一つの場所(アプリ)から可能になるのです」とし、ユーザーがワンストップで金融サービスにアクセスできるメリットを強調しました。


なお、一度Appleに「Savings(セイビング)」アカウントを設定すると、今後ユーザーが獲得したすべてのDaily Cashは自動的にそのアカウントに入金される、とのこと。デイリーキャッシュの貯め先はいつでも変更可能で、獲得できるデイリーキャッシュの量に制限はありません。また、リンク先の銀行口座やApple Cashの残高から貯蓄口座に追加入金することもできます。

Walletにある「貯蓄口座のダッシュボード」にアクセスし、口座の残高や利息の推移を簡単に確認することができます。また、ユーザーはダッシュボードから、いつでも手数料なしで、連携する銀行口座またはApple Cashカードに資金を移動して引き出すことができるそうです。

記事作成時点において、日本国内向けのサービス開始については発表はありません。

* Category: technology,money テクノロジー,マネー

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次