紗栄子の「我が家の子育てルール5か条」とは? 息子が失敗したときは? 視聴者の子育てルールも紹介!

紗栄子が子育てに関する我が家のルールについての動画を投稿しました!2人の男の子を育ててきた紗栄子。昔から学校のルールなどに疑問をもっていた紗栄子ですが、紗栄子自身はどのように子育てをしてきたのでしょうか?紗栄子の家のルールや、子供たちが悪いことをしたときの接し方や考え方など、すべて紹介しますので最後までご覧ください!

家計簿アプリ「家計簿マネーフォワードME」を無料でダウンロード!


紗栄子の子育てについて

紗栄子は2008年に長男、2010年に次男を出産し、仕事をしながら二児の母として過ごしてきました!そんな紗栄子ですが、家庭ではどんなルールを設けているのでしょうか?

しっかり反抗期を経験した紗栄子

幼少期から校則などのルールに対して疑問をもっていたと話す紗栄子。髪を染めるのもスカートを短くするのもダメというルールに対してなぜ?と思うことが多かったんだとか。

大人に理由を聞いても、「昔から決まっているから。」など、しっかりした答えがなく、自分が納得いく答えがない大人に対して腹が立ってしまったそうです。

紗栄子の子供たちの現在の様子

父親に反抗することが多かったと話す紗栄子。紗栄子の子供たちも学校のルールに疑問をもっているかという質問に対して「しっかり枠組みにはまっている。」と答えました。

イギリスの学校に通っている紗栄子の子供たち。個人の意見が反対される環境なので、日本のような息苦しいルールはないようです。

ルールとはなんなのか

学生時代は「綺麗にしたいから髪を巻いているのに、なぜいけないんだろう、寝癖のが問題なのでは?」と思っていたという紗栄子。学生時代はファッションを楽しむのが「悪」とされる文化に苦しんだようです。

受けた恩は形にして返すなど、自分の中での決め事はあるけど、ルールとなるとよくわからなくなる紗栄子ですが、子育て時期をどう乗り越えたのでしょうか?

子供のなんでなんで時期の返し方

2歳から6歳くらいの子供に多くある、なんでなんで期。子供に「なんで?」と聞かれた時、紗栄子はその場しのぎで適当なことは言わないようにしてたそうです。わからないことは持ち帰って考えることが多かったんだとか。

適当に流さずに、しっかり落とし込んだから子供に伝えることで、説得力もあり子供も納得するのではないでしょうか。

紗栄子が意識する細かいルール

食事中はiPadを触らない、目の前の人を大事にする、受けた恩は言葉と態度で返すなど、いろいろなルールが出てきました。しかし、これらを言葉で本人たちに伝えないのが紗栄子流! 

紗栄子自身が意識していることなので、それを見て気付いてくれたらいいなというスタンスでいるそうです。押し付けたら反発するという子供の心理を理解しての行動ですね。

子供が失敗した時の考え方

たとえば子供が失敗をした時や悪いことをした時、痛い思いはさせることを意識しているんだとか。「悪いことをして誰かに迷惑をかけたのが嫌だ」という状況を作るそうです。

以前、クレジットカードにとんでもない額の請求がきた紗栄子。原因をたどると、子供達がゲームの課金に使っていたようです。そこで「なんでやったの!」と怒るのではなく、冷静に何が悪かったか伝え、返金計画まで渡したんだとか。その後一切課金はしなくなったようで、事の重大さに気づくことができたんですね。

視聴者から募集した我が家のルール

ここで、視聴者の我が家のルールも気になった紗栄子。Instagramで募集したルールをもとに、各家庭内ルールを見ていきます。

紗栄子がいいなと思ったルール

「夫婦喧嘩はその日のうちに終わる。仲直りのときはハイタッチ!」に、いいんじゃない?と紗栄子が絶賛!はい終わりでハイタッチするという、わかりやすいルールがとてもいいですね。喧嘩した時のルールがとても多かったようです。

ゲームは善か悪か

子供に対する、ゲームのルールも多かったようです。本はいいけどゲームはダメという、この線引きはなんだろうという話題になりました。

紗栄子の息子にもゲームは時間を決めていたけど、コンピュータサイエンスという授業があるらしく、プログラミングなどもあるのでそれを制限するのはちがうかな?と自分がブレブレだと話す紗栄子でした。

視聴者の反応

今回の動画のコメント欄には、「紗栄子さんな息子さんに対する対応が素敵で私もそんな母親になりたいです!」や「ちゃんと自分の行動や考えを言語化できるようになりたい。」というコメントがありました。

紗栄子の子育てに対する考え方は、お手本にしたいと思う部分も多かったのではないでしょうか? 

悪いことをしたら=怒るという考え方になりがちですが、そうなると「怒られるからしない。」という思考になってしまうという紗栄子の考え方がすごいと思いました。

時間や手間はかかりますが、どうしてそれがいけないのか教えていくことが、子供のためにもなりますね!

見習いたい、紗栄子の子育てルール

今回は紗栄子の子育てのルールについて紹介しました!堅苦しいルールや、禁止事項などはなく、子供たちの自立心や自発性を育む考え方が多く、子育て世代の方は参考になったのではないでしょうか?

子供たちの行動を信頼しているからこそできる考え方な気がしました!仕事も子育てもしっかりこなしている紗栄子、母親の鏡ですね!ぜひみなさんも家庭のルールなど見直してみてはいかがでしょうか?

サムネイルは以下より:

家計簿アプリ「家計簿マネーフォワードME」を無料でダウンロード!

AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す