寄生虫に感染したオオカミは「群れのリーダーになりやすい」不気味な理由を研究者が解明

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

26年分のオオカミの行動データと229頭のオオカミの血液を分析した結果、寄生虫トキソプラズマに感染すると、オオカミが群れのリーダーになる確率が46倍高くなることが判明しました。トキソプラズマという寄生虫はオオカミにどのような影響を与えるのでしょうか。

*Category:サイエンス Science *Source:sciencealert,springer nature,wikipedia

目次

寄生虫が生態系に与える影響とは


猫を飼っている人なら、この寄生虫のことを聞いたことがあるのではないでしょうか。この寄生虫はネコ科動物の体内でのみ有性生殖を行うことができますが、ほとんどすべての恒温動物に感染し、繁殖することができます。その中には人間も含まれ、トキソプラズマ症と呼ばれる通常は無症状の(しかし、致命的な場合もある)寄生虫病を引き起こすことがあります。

他の宿主に寄生したトキソプラズマが、有性生殖を行うためには、子孫を猫の体内に戻さなければなりません。そしてこの寄生虫は、そのチャンスを最大限に生かすための不気味な方法を持っているのです。


この寄生虫に感染したネズミなどの動物は、ネコの尿の匂いに惹かれるようになります。そしてネコによって殺されるケースが増えます。チンパンジーのような大型の動物では、ヒョウのような大型のネコ科の動物に遭遇する危険性が高まります。ハイエナもトキソプラズマに感染していると、ライオンに殺される可能性が高くなります。

イエローストーン国立公園のオオカミは、ネコ科動物の餌食になることはありません。しかし、トキソプラズマの保菌者として知られるピューマと縄張りが重なることがあります。そしてこの2種はともに、そこに生息するエルク、バイソン、ミュールジカを捕食します。さらにオオカミがピューマの死骸を食べたり、ピューマのフンを食べることもあります。そうすることで感染する可能性があるのです。


昨年発表された研究では、27年近くにわたって収集されたオオカミとその行動に関するデータが、寄生虫の影響を研究する貴重な機会となりました。イエローストーン・ウルフ・プロジェクトの生物学者コナー・マイヤーとキラ・キャシディが率いる研究者たちは、オオカミとピューマの血液サンプルを見て、トキソプラズマの感染率を測定しました。その結果、ピューマと縄張りが重なるオオカミは、トキソプラズマに感染する可能性が高いことがわかりました。

さらに感染したオオカミは、群れから新しい縄張りに分散する確率が11倍も高くなることも判明しました。感染したオスは、6ヵ月以内に群れを離れる確率が50%であったのに対し、感染していないオスでは21ヵ月でした。同様に、感染したメスは30ヵ月以内に群れを離れる確率が25%であったのに対し、感染していないメスは48ヵ月でした。

また、感染したオオカミは群れのリーダーになる可能性が非常に高くなりました。トキソプラズマはテストステロン値を増加させる可能性があります。その結果、攻撃性や支配性が高まり、群れのリーダーとして自己主張し始める可能性があるのです。

このことは、2つの重要な結果をもたらします。群れのリーダーは繁殖するものであり、トキソプラズマの感染が母親から子孫に受け継がれる可能性があります。さらに、この感染症は群れ全体の活動力にも影響を与える可能性があります。

「オオカミの群れの集団生活構造上、群れのリーダーは群れの仲間や集団の意思決定に大きな影響を及ぼす」と研究者は論文で説明しています。

寄生虫感染は、社会的中間宿主肉食動物のリスクテイクを増加させる

リーダーのオオカミがトキソプラズマに感染した場合…これは、1匹のオオカミの寄生虫によって引き起こされた行動が、群れの残りのオオカミに影響を与えるという構図を生み出すかもしれません。


— 出典:springer nature

例えば、ピューマの尿の匂いを嗅いだ群れのリーダーが新しい縄張りに入ることで、オオカミの集団全体がトキソプラズマにさらされ、集団全体の感染率が高まります。その結果、重複感染と感染拡大という一種のフィードバックループが発生するのです。これは、まだあまり研究されていない小さな生物が、生態系の動きに大きな影響を与える可能性があることを示す有力な証拠です。


「この研究は、コミュニティレベルの相互作用が個体の行動にどのような影響を与えるかを示しており、グループレベルの意思決定、集団生物学、コミュニティ生態学にまで拡大する可能性がある」と研究者は述べています。寄生虫感染の意味を今後の野生動物研究に取り入れることは、寄生虫が個体、集団、個体群、生態系プロセスに与える影響を理解する上で不可欠になるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次