【野球】巨人の中田選手、実は“平成生まれ初”の記録達成間近です

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

今シーズン、一時期怪我で離脱したものの、復活を遂げた中田翔選手。復活してからも、順調な成績を残しており、好調を維持しています。そんな中田翔選手は、平成生まれのプロ野球選手では、初めての記録達成が間近に迫ってきています。そこで、今回は、中田翔選手が平成生まれで初めて達成しそうな2つの記録を紹介していきます。

31日間無料トライアル実施中!<U-NEXT>3000作品以上のエンタメ・スポーツ作品配信中!

目次

目次

中田翔選手が達成間近の記録とは?

中田翔選手は、平成生まれで初めての記録達成が間近に迫っています。その記録は、本塁打で200人斬り・通算300本塁打です。これまでの達成者は、昭和生まれの選手で、平成元年に生まれた中田翔選手が2つの記録を達成すると、平成生まれでは、初の達成者となります。

果たして、この2つの記録を今シーズン達成できるのか、注目しながら観戦していきましょう。

200人斬り!

中田翔選手が、達成間近の1つ目の記録が、200人の投手から本塁打を放つ200人斬りです。中田翔選手は、これまでに198人の投手から本塁打を放っています。様々な投手から本塁打を打てるのは、簡単なことではありません。

今までに200人斬りを達成したのは、10名のみと、到達するのが難しい記録ということが分かりますね。その中でも、中田翔選手は、2010年から着々と本塁打を積み重ねていき、この記録に近づいてきました。

まだまだ、対戦したことのない投手も多いと思います。初対戦となると、攻略が難しくなりますが、中田翔選手は、しっかりと狙い球を絞り、本塁打を放つ技術を持ち合わせている為、実現する日は遠くないかもしれません。

現在、行われている交流戦で達成する可能性もありますね。今シーズン、平成生まれで初の200人斬り達成する日を楽しみに、活躍を追っていきます。

通算300本塁打!

中田翔選手が、達成間近の記録2つ目は、通算300本塁打です。現在までに、296本の本塁打を放っており、達成まであと4本に迫っています。歴代達成者は、松井秀喜選手や同じ大阪桐蔭高校出身の中村剛也選手など、日本を代表するスラッガー達が、達成している記録です。

これまでは、昭和生まれの選手だけでしたが、中田翔選手が達成すると史上45人目・平成生まれで初の通算300本塁打の達成。また、同じ高校出身選手で2名が300本塁打達成した場合は、PL学園に次いで大阪桐蔭高校が2校目の達成になります。

これらの記録達成に向けて、中田翔選手が、どんな本塁打を見せてくれるか、楽しみですね。

チーム浮上のきっかけを作れるか?

読売ジャイアンツは、現在首位と8.5ゲーム差の4位につけています。中田翔選手の離脱もあり、なかなか流れを掴むことができませんでした。ですが、鉄人中田翔選手は、怪我からいち早く回復を見せ、現在、打率3割台・8本塁打・17打点とチームの中心選手として活躍。

また、自分自身のプレーだけではなく、後輩のコーチとしての一面もあるとのこと。最近、ブレイクを果たした秋広選手とは、自主トレから一緒にトレーニングし、打撃面でのサポートをしています。師弟関係として良い関係を育んでおり、秋広選手は、尊敬していると語っていました。

このような関係性が若手選手と作れるようになっていくと、チームが浮上するきっかけ作りになるかもしれません。そして、中田翔選手の活躍と、若手選手の活躍が今の読売ジャイアンツには、必要です。

これから、読売ジャイアンツが、這い上がって来れるか楽しみですね。

初の本塁打王に向けて

中田翔選手は、プロ生活16年目にして、本塁打王を1度も獲得したことありません。タイトルの獲得は、打点王が3度のみです。過去に、30本以上の本塁打を2度放ったことはあるものの、いずれも本塁打王に輝いたことはありませんでした。

中田翔選手は、これまでに300本近い本塁打を放ち、日本代表の4番打者として活躍した時期もありましたね。その活躍を糧に、毎年2桁本塁打をマーク。2021年は、移籍の関係で2桁本塁打を到達できなかったものの、昨シーズンは、24本塁打を放ち、リーグ4位タイの好成績。

今シーズンも、怪我で離脱するまでは、8本塁打を放ち、リーグ首位をキープしていました。ですが、離脱してる間に抜かれてしまい、現在の首位は、同じチームの主砲である岡本和真選手。首位との差は、5本差とまだまだ首位を奪還できる数字です。

今後、中田翔選手がどこまで本塁打を積み上げていけるか、注目ですね。

まとめ

中田翔選手は、平成生まれの選手として、初の200人斬りと通算300本塁打の2つの記録にリーチをかけており、今シーズンの達成が濃厚です。この2つの記録を達成できると、日本の主砲選手として実績を作る事ができ、数々の本塁打王選手と肩を並べることができます。

今後の活躍次第では、初の本塁打王のタイトル獲得も視野に入ってきますね。中田翔選手が、今シーズンどこまで本塁打を伸ばせるか、楽しみです。

31日間無料トライアル実施中!<U-NEXT>3000作品以上のエンタメ・スポーツ作品配信中!

勝敗予想で盛り上がるスポーツSNS「Omada」を無料でダウンロード!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ちいかわ・K-POP・動物に関する記事を主に担当します!ちいかわに関してはオタクを始めてはや2年。K-POPに関しては幅広く応援しております。犬を飼っているので犬の記事が得意ですが、動物ならなんでも大好きで、可愛いお姿をご紹介していきます★

目次