【遊戯王MD】コレ禁止はおかしいだろ!シンクロフェスなのに出禁になったシンクロを紹介

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

PlayStation4、PlayStation5、Nintendo Switch、XBOX ONE、XBOX SERIES X/S、Steam対応ソフト『遊戯王マスターデュエル』にて、本日2023年6月19日(月)より「シンクロフェスティバル」が開催! そのうち、禁止されているシンクロモンスターをご紹介します。

目次

なんでコイツら禁止なの?


本日2023年6月19日(月) より、各種プラットフォームでプレイ可能なソフト『遊戯王マスターデュエル』にてイベント「シンクロフェスティバル」が開幕!

今回のイベントは、エクストラデッキから出せるモンスターが、シンクロモンスターのみとなっているのが特徴。

しかしながら、そんなシンクロモンスターの中にも、本イベントで禁止・制限カードにされているものがあります。

本記事では、その内容をまとめていきます。

【イベント開催日程】
2023年6月19日(月) 13:00 〜 6月29日(木) 12:59

今回のフェスでのみ禁止・制限カードになっているシンクロモンスター

※通常のリミットレギュレーションでも禁止・制限カードになっているものは割愛。

天刑王 ブラック・ハイランダー


レベル7 闇属性 悪魔族 シンクロ/効果 ATK2800 DEF2300
悪魔族チューナー+チューナー以外の悪魔族モンスター1体以上
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、お互いにシンクロ召喚をする事ができない。1ターンに1度、装備カードを装備した相手モンスター1体を選択して発動する事ができる。選択したモンスターに装備された装備カードを全て破壊し、破壊した数×400ポイントダメージを相手ライフに与える。

普段は見向きもされないような効果を持っているのがこちらのカード。

では何が禁止カードにされてしまう要因かといえば、「お互いにシンクロ召喚をする事ができない」という強烈すぎるロック効果でしょう。

シンクロフェスは、エクストラデッキからシンクロモンスターしか出せないイベント。よって、これが成立してしまうと、イベントの根幹を揺るがしてしまいます。

あまりにも強すぎるシンクロメタゆえに、シンクロのイベントで使われなくなってしまうとは、なんたる皮肉でしょうか。

→目次へ戻る

TG ハイパー・ライブラリアン


レベル5 闇属性 魔法使い族 シンクロ/効果 ATK2400 DEF1800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):このカードがフィールドに存在し、自分または相手が、このカード以外のSモンスターのS召喚に成功した場合に発動する。このカードがフィールドに表側表示で存在する場合、自分はデッキから1枚ドローする。

こちらは、普段制限カードになっているシンクロモンスター。

シンクロモンスターを多用するデッキでは必須級のカードとなっていますが、おそらく引っかかっているのは「自分または相手が、このカード以外のSモンスターのS召喚に成功した場合」の部分でしょう。

自分がデッキを回転させるだけでドローできるのも強力ではありますが、なにせこのカード、相手のシンクロ召喚にも反応するため、今回のイベントにおいては、場に立つ「増殖するG」のようになりかねません。

結果的に、このカードも「シンクロ召喚を牽制する」という目的で使用できてしまうため、禁止カードにされてしまったのかもしれません。

また、レベルさえ合えばほとんどのシンクロデッキに入りかねないため、多様性を損なうという観点でも禁止カードに指定されている可能性もありますね。

→目次へ戻る

PSYフレームロード・Ω


レベル8 闇属性 サイキック族 シンクロ/効果 ATK2800 DEF2200
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):1ターンに1度、自分・相手のメインフェイズに発動できる。
相手の手札をランダムに1枚選び、そのカードと表側表示のこのカードを次の自分スタンバイフェイズまで表側表示で除外する。
(2):相手スタンバイフェイズに、除外されている自分または相手のカード1枚を対象として発動できる。そのカードを墓地に戻す。
(3):このカードが墓地に存在する場合、このカード以外の自分または相手の墓地のカード1枚を対象として発動できる。そのカードと墓地のこのカードをデッキに戻す。

通常のリミットレギュレーションでも制限カードであり、その強力さは普段のデュエルでも認知されているのが、このカード。

消費が激しくなりがちなシンクロデッキにおいて、墓地から自力で戻る+回収を兼ねているこのカードは、かなり強力。

しかし、それ以上の理由は考えにくく、「何故か禁止にされたモンスター」の筆頭のような……?

リソース回復の一点が強すぎる、と言われれば、それまでなのですが……。

→目次へ戻る

ジャンク・スピーダー


レベル5 風属性 戦士族 シンクロ/効果 ATK1800 DEF1000
「シンクロン」チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「シンクロン」チューナーを可能な限り守備表示で特殊召喚する(同じレベルは1体まで)。この効果を発動するターン、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):このターンにS召喚したこのカードがモンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。このカードの攻撃力はターン終了時まで元々の攻撃力の倍になる。

シンクロ召喚に成功したとき、最大で5枚のモンスターを呼び出すぶっ壊れカード。

あまりにもアドバンテージが大きすぎるため、このカードが使えるだけで、参加者のデッキがすべて「シンクロン」になりかねないのが禁止の最たる理由ではないでしょうか。

「この効果を発動するターン、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない」という縛りも、今回のフェスでは無意味なものとなっています(そもそもシンクロモンスター以外はエクストラデッキに入らない)。

このカードさえあれば、シンクロモンスター3体が必要な「シューティング・クェーサー・ドラゴン」もらくらくシンクロ召喚可能。それどころか、そこに加えて妨害モンスターを複数並べることも容易なので、展開の要となるこのカードが禁止に指定されるのは、残念ですが当然かもしれません。

→目次へ戻る

ブラックフェザー・アサルト・ドラゴン


レベル8 闇属性 ドラゴン族 シンクロ/効果 ATK3200 DEF2800
Sモンスターのチューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードはS召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。
●自分のフィールド・墓地から、Sモンスターのチューナー1体と「ブラックフェザー・ドラゴン」1体を除外した場合にEXデッキから特殊召喚できる。
(1):相手がモンスターの効果を発動する度に、このカードに黒羽カウンターを1つ置き、相手に700ダメージを与える。
(2):相手ターンに、黒羽カウンターが4つ以上置かれているこのカードをリリースして発動できる。フィールドのカードを全て破壊する。

イベント限定では、唯一制限カードに指定されたシンクロモンスターがこちら。

シンクロフェスという都合上、多くのデッキが大量展開を得意とするものになるのが、本イベントの特徴。

モンスター効果の発動の度にダメージを与えるこのカードは、「シンクロデッキ」にはあまりにも刺さりすぎるということでしょう。

全体破壊も有しており、実質的に3回以下のモンスター効果でこのカードを対処せねばなりません。それゆえに、2枚以上並ばれるとシンクロモンスターのカードプールだけでは対処が難しい、と判断されているのが最大の理由でしょう。

→目次へ戻る

【関連リンク】

公式サイト

・公式Twitter(@YuGiOh_MD_INFO)

関連商品をAmazonで見る

(C)スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI (C)Konami Digital Entertainment

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次