【ポケモンSV】レッツゴー(連れ歩き)の隠し要素3選

『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット(ポケモンSV)』にて、捕まえたポケモンを連れて一緒に冒険できる「連れ歩き」。プレイヤーの周りをちょこちょこ歩く姿は可愛かったり格好よかったり……。まるでサトシとピカチュウのように相棒と一緒にフィールドを冒険できるのが嬉しいですよね。(今はリコとニャオハですが。)

お気に入りのポケモンと旅をする、という子どもの頃からの憧れを叶えてくれる連れ歩き機能ですが、実はいろいろ隠し要素があるのをご存じですか。製作者サイドの遊び心なのか、連れ歩きでしか見れないポケモンの姿なんかもあるんですよ!それでは早速解説していきましょう! 


目次

ちょっとヒヤヒヤ?ポケモンと一緒に鉄骨渡り


オージャの湖の近く、崖と崖の間に長い鉄骨が何本も渡されている場所があるのをご存じですか。実はここ、鉄骨渡りができる場所なんです。

「えー、なんのためにそんなものが?なにかレアアイテムでもあるの?」と思われた方、そんなものはありません。ただただ、鉄骨を渡るというハードアクティビティが体験ができるだけのものですよ。

そして、この鉄骨渡り、ポケモンを連れ歩き状態にして挑戦すると、なんと後ろから健気についてきてくれるんです! しかも一生懸命ついてきてくれると思いきや……。

なにが原因かわかりませんが、ポケモンだけが落ちてしまうことがあるんです。後ろをついてくるポケモンがふとした瞬間に無言で崖の下に落ちていく……。なんともシュールな映像ですよね。ある意味ここでしか見られない姿です。

ちなみに落ちてしまったポケモンは、一定距離以上離れたとみなされ安全にボールに戻ってくるので、ご安心を。

ポケモン図鑑の説明そのまま!ガブリアスの滑空モード


ポケモン図鑑のガブリアスの説明には、こう書かれています。

「からだをおりたたみつばさをのばすとまるでジェットき。おんそくでとぶことができる。」

連れ歩き状態なら、このジェット機のような姿を見ることができるんです!パルデアの大穴にある浅い水辺でガブリアスを連れ歩きしてみてください。地上では2足歩行で歩いていたガブリアスが、突然滑空するような姿に!

しかもこの姿、図鑑説明の通りついてくるスピードが早い!筆者はジェット機というよりかサメそのものに見えましたが……。この姿のまま野生ポケモンとエンカウントすると、滑空状態で戦闘になります。ちょっとしたフォルムチェンジをしたようで新鮮ですよ。

しかし、この滑空モード、海や川などの普通の水場では見ることはできません。そういった場所ではガブリアスは浮袋にのって移動してしまうんですよね。あくまで浅い水辺でのみのフォルムになります。


デカヌチャンはアーマーガアの天敵?野生のアーマーガアに襲われない現象


デカヌチャンを連れ歩いていると、なぜか野生のアーマーガアに襲われないという現象が起こります。その理由だろうと思われることが、デカヌチャンのポケモン図鑑解説に書いてあるんですよね……。

「知能が高くとても豪快。ハンマーで岩をなぐりとばして空とぶアーマーガアをねらう」と!デカヌチャンは岩を飛ばしてアーマーガアをおもちゃのように狙うらしく、アーマーガアにとってはデカヌチャンは恐怖の対象ということが伺えます。こんなポケモン図鑑解説が、連れ歩き要素に反映されているなんて!とちょっと感動してしまいますよね。

しかし実はこれ、所説ありまして、そもそも大きなポケモンを連れ歩いていると野生のポケモンの発見判定に引っかからないという話があるんです。デカヌチャンも本体自体はそこまで大きくはないのですが、ハンマーがあまりに大きいですよね……。

実際デカヌチャンを連れ歩いていると、アーマーガアに限らず野生のポケモンに襲われにくくなります。これは他の大きなポケモンも共通して起きる現象なので、デカヌチャンとアーマーガアの関係性の問題ではないのかと。

「感動を返せ!」という気持ちもありますが、最初にこの現象を発見しポケモン図鑑の解説と紐づけた方を筆者は尊敬します! 


連れ歩きでもっともっとポケモンの新たな姿を発見しよう!


以上、ポケモン連れ歩きの隠し要素3選について解説しました。連れ歩きは、ただ一緒にフィールドを歩くだけではなく、ポケモンの新たな一面が見れる機能でもあったんですね。

連れ歩きは進化の中で、よりスムーズに移動できるように成長した姿を見ることもできますよ。例えば、イダイナキバは非常に遅い4足歩行。イダイナキバの現在の姿であろうドンファンは、タイヤのように転がります。更にドンファンの未来の姿であろうテツノワダチは、タイヤのように転がりながら、尚且つスピードも増しているように見えますね。

過去から未来へ進化していくと、同時に動きもスムーズになっていくことに生物としての成長を感じますよね……。まだまだあるかもしれない連れ歩き隠し要素、たくさんのポケモンと一緒にフィールドを歩いて、新たな姿を発見していきましょう!


関連サイト


ポケモンSV公式サイト
・ポケモン公式Twitter(@Pokemon_cojp)
・【公式】ポケモン情報局(@poke_times)

(C)2022 Pokémon. (C)1995-2022 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.

AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す