月々20,000円浮いた!!〝やってよかった〟節約術10選をご紹介!

もう少しで新年度一人暮らしに挑戦する人も多いのではないでしょうか。電気代も値上がりしている今、お金の管理はしっかりしていきたいですよね。

そこで、イマスグ実践できる節約術を10選紹介します。ぜひ、最後までご覧ください。

お部屋探しアプリ「賃貸スモッカ」を無料でダウンロード!

1.節水シャワーヘッドを購入する


よく耳にする「節水シャワーヘッド」ですが、これを使うだけで電気代がかなり安くなります。

例えば、最大で80%も節水できる機能があるシャワーヘッドや、さらに美容効果も促してくれるシャワーヘッドなどがあるんです。

せっかくのバスタイム。節水しながら、美容面もケアしていきたいですよね。まさに一石二鳥!

私はシャワーヘッドを変えただけで1ヶ月500円の節約に成功しました。「たった500円?」と思うかもしれません。

しかし、12ヶ月で見ると……6,000円も節約できたことに!すごくないですか?

この機会に節水シャワーヘッドについて、検索してみてくださいね。きっとあなたのお家に合うシャワーヘッドが見つかるはず!

節約できるシャワーヘッドをAmazonで見る

2.飲み物をコンビニで購入しない


飲み物に限らず、お弁当などもコンビニで買わないという意識が大事です。

私はこれを実践しただけで4,000円もの節約が実現できました!

家計簿をつけていると、「これだけ節約できたんだ……」と実感できて良いですよ。頑張った自分を褒めることができます!

意識を改善するのはとっても難しいですが、そのために家計簿をつけてみるという行動が大事。

ぜひ、節約のための一歩を踏み出してみてくださいね。

家計簿アプリ「家計簿マネーフォワードME」を無料でダウンロード!

3.窓に断熱シートを貼る


断熱シートって高そうなイメージがありますよね。意外とこれが安く手に入るんです。

私はAmazonで833円のものを購入しました!UVカットもしてくれるし、断熱もしてくれるので、一年中活躍してくれる優れもの。

断熱シートを貼ることで、部屋の温度を維持することができ、エアコンを使わずに済むんです。

在宅ワークが増えるとエアコンを使いがちですが、その悩みを解決してくれるのがこの断熱シート!

ぜひ、使ってみてくださいね。

断熱シートをAmazonで見る

4.格安SIMに変更


大手キャリアから乗り換えただけで月額が安くなりました。意外と電波は変わりなく良好ですし、ストレスフリーなんです。

お得な乗り換えキャンペーンなどもやっているところが多いので、ぜひ色々と見て回ってみてください。

格安SIMに関する情報は下記記事でご紹介しています。ぜひ、ご一読ください!

関連記事
「ガチでお得な格安SIM」4社を携帯ショップ元店長が暴露2023年3月1日 06:48
「ガチでお得な格安SIM」4社を携帯ショップ元店長が暴露

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

5.電気毛布を購入する


これ、意外と知られていないんですが、電気毛布のおかげで節約できるんです。

速攻で温めてくれるのですぐに寝落ちできるし、相場が3,000円くらいなので手に入りやすい!

私は在宅ワークで足元が冷えてしまいがちだったので、膝掛けにも使っていました!結構いろんな場面で活躍してくれますよ。

エアコンに比べると電気代が30分の1と呼ばれているこの電気毛布。冬場に必ず活躍してくれるはずなので、1つ持っておくと便利ですよ!

電気毛布をAmazonで見る

6.不要なサブスクを解約


「これ、最初は使ってたけど今は全然使っていないな……」というサブスク、まだ契約し続けていませんか?

私の場合は「サブスクは2つまで」と自分ルールを設定しているので、だいぶ解約しました。

これをするだけで1,000円の節約に繋がりました!

一度、自分は今何をサブスクしているのか見直してみるのも良いですね。

7.LED電球を使用する


これは定番の節約術ですよね。LED電球寿命が長いので取り替える頻度が少なくて助かるんです。

しかも、衝撃に強いため、壊れにくいのもメリット。

LED電球のおかげで我が家は1万円近く節約できている気がします。(すみません、ちゃんと計算できていないですが……)

まだ試していないよって方はぜひ、LED電球に交換してみてくださいね。

LED電球をAmazonで見る

8.還元率の高いクレジットカードを使用する


せっかくお買い物をするのなら、還元率の高いクレジットカードを使用した方が絶対にお得です。

例えば、ポイントカードも一緒についているクレジットカードだと、クレジットカードを使用しなくてもポイントカードとして利用できるので、大活躍。

クレジットカードはたくさんあるので、色々と調べてみて、ぜひ検討してみてください。

9.電気契約アンペアを下げる


一人暮らしの時に実践していたことなのですが、一人暮らしであれば20アンペアくらいでOKな気がします。

電気契約アンペアを下げれば、そもそもの基本料金が下がるんです。

当たり前ですが、電気代を見直して「アンペア下げてもいいかな……」と思ったら、契約を見直してみるのも手。

選択肢の一つに入れてみてくださいね。

WEBから指定の条件でお申込みで最大30,000円キャッシュバック!【電気チョイス】

10.ふるさと納税をする


ふるさと納税を行うことで、税金をいろんな商品に変えることができるんです。

ものによっては、ポイントも貯まるものがあるみたいですね。

働いている人にとってはかなりの節約になるので、おすすめです。

しかも返礼品が豪華なものばっかりなんです。食費が浮くので最高です♪

ぜひ、検討してみてください。

貯まったポイントで寄附できる!au PAY ふるさと納税

まとめ:すぐに実践できる節約術が多すぎる!

以上、節約術でした。いかがでしたでしょうか?

意外とすぐに取り掛かれるものばっかりだと思うので、ぜひこれを機に節約の第一歩を踏み出してみてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す