【学校では教えてくれない】転職が向いている「おすすめの時期」と「メリット・デメリット」を紹介!

転職をするのにベストなタイミングはいつなのでしょうか。

転職時期によって、求人数が増減したり、転職者のターゲットが変化したりします。今回は、転職が向いている時期とメリット・デメリットをまとめました。転職活動に活かしましょう。


英語学習アプリ「レシピー」を無料でダウンロードする

目次

転職が向いているおすすめの時期3選

転職が向いているおすすめの時期は、以下の3つです。

・中途採用者の求人が増える時期
・ライバルが少ない時期
・第二新卒として転職できる時期

順番に説明していきますね。

1.中途採用者の求人が増える時期

中途採用者の求人が増える時期は、「1月〜3月」と「7月~9月」です。

「1月~3月」は新年度から働きたい人、「7月~9月」は下半期から働きたい人のために新社会人の求人数が増えます。

新年度から働きたいと思う求職者も増えるため、ライバルが多いのがネックです。未経験の業界への転職は不利になる可能性があるため、情報収集や対策を念入りにしましょう。

2.ライバルが少ない時期

ライバルが少ない時期に転職をしたいと考えている人は、「4月~5月」と「12月」がおすすめですよ。

年度初めや年末は時期的に忙しい企業が多く、人員補充にあてるところが少ない傾向にあります。企業が求人を出す理由としては、欠員補充や新年度から事業を大きくしたいなどの緊急性の高いものが多いです。

企業は、タイミングを重視し採用に踏み込む可能性があるため、未経験の業種でも採用される可能性があるでしょう。

求人数は少ないため、希望の条件にあう求人と出会える確率は少なくなります。

3.第二新卒として転職できる時期

転職のおすすめの時期は、新入社員と一緒に研修が受けられるという理由から、第二新卒の求人が増える「4月」が狙い目です。

第二新卒とは、高校や専門学校、大学などを卒業してから3年目までの勤務経験のある人材のことをいいます。

第二新卒は、社会人経験のある人材であるため、ビジネスマナーや業務の進め方のノウハウを心得ており、有力な人材です。

短期間で即戦力となるという理由から第二新卒者を求めている企業も多く、転職を考えるタイミングとして勤務経験が3年目までのほうが採用されやすいでしょう。

自分の転職する目的に合わせて、転職時期を選ぼう!

いかがだったでしょうか。
今回は、転職におすすめな時期について紹介しました。

現在の自分の状況や転職を考えている業種や業界によって、転職するのにおすすめの時期は変わってきます。自分にとってベストな転職時期を見極めながら取り組みましょう!

英語学習アプリ「レシピー」を無料でダウンロードする

AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す