【ポケモンSV】トラウマ確定?最強で最凶なポケモンたち

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

2022年11月に発売された大人気ゲーム『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット(ポケモンSV)』!2023年秋にはダウンロードコンテンツも追加される予定であり、まだまだ人気は衰えることはなさそうですね。そんな『ポケモンSV』、3種のストーリーもクリアした多くの方が楽しんでいるのがランクバトルではないでしょうか。世界中のプレーヤーと順位を競い合うランクバトルは、ストーリークリアとはまた違う楽しみがありますよね!しかしこのランクバトル、時にはもう辞めたい、リタイアしたいと思うくらい辛いバトルになることも……。今回は、そんなプレイヤーにトラウマを植え付けてしまうようなポケモン達をご紹介します。


目次

目次

長期戦はお手の物!マフィティフ


最初に紹介するのはペパーの相棒でもあるポケモン、マフィティフ。実はTODを狙えるポテンシャルの持ち主です。

TODとは時間切れによる対戦終了のことを言うのですが、その時間はなんと20分!TODは時間切れの際の残っているポケモンやHPの合計などで勝敗を決するため戦術として利用されるのですが、皆さん20分も同じポケモンと戦ったことはありますか? 

もうね、本当にうんざりしてきますよ。攻撃しても削り切れない、回復される、攻撃力の強いポケモンに変えようにも変えることができない……。相手の戦術に囚われて逃げ切れないあの感じは電源をオフにしたくなるレベルです。

マフィティフが何故この戦術を狙えるかというと、防御が割と高い点に加えて、覚える技の良さですね。「くらいつく」で相手を交代できなくさせる、「あまえる」で相手の攻撃力を下げる、「ねむる」で回復する、「つめとぎ」で自分の攻撃力を上げる……。

うーん、なんとも長期戦向きの技ばかり。中途半端な攻撃力のポケモンだと場を打開することができず、時間だけが過ぎていく辛い戦いとなるでしょう。

見た目に反して削り切れないしつこさ!ドオー


可愛い見た目で人気のポケモン、ドオーは『ポケモンSV』から登場したウパー(パルデア)の進化形です。ドオーの特徴はなんといっても、その硬さ! 

HP130特防100という素晴らしい特殊耐久値ですね。そのうえ「たくわえる」も使えるため、更に硬くなることができます。そして回復技「じこさいせい」も使える、耐久のスペシャリストのような存在ですね。

「どくどく」や「じしん」といった技も覚えるため削り性能も高く、どく・じめんタイプなので弱点は4タイプだけという優秀さ! 更にドオーのもつ特性「ちょすい」は、みずタイプの技を受けるとダメージや効果はなくなり、回復までしてしまうんです。「じめんタイプの弱点はみずだー!」と単純に攻撃してしまうと、一泡ふかされることになるでしょう。

弱点を突いた物理技で一気に叩ければいいのですが、それができないとなると、削っても削っても削り切れず、こちらが力尽きて終了……。という悲しい結末に終わってしまいます。いい加減そこをどいてくれ!と思わず叫びたくなるポケモンでございます。

見た目通りの耐久力と一撃必殺が厄介!ヘイラッシャ


HP150、防御115という圧倒的な物理耐久力が非常に優秀なポケモン、ヘイラッシャ。一撃で即ひんしという事が少なく、たいていの攻撃を1度は耐えることができます。加えて弱点の少ない、みず単タイプなのも強みですね。

「ねむる」で回復しつつ眠りモードに入り、「ねごと」による「じわれ」で一撃必殺を狙う、いわゆる“ねむねご型”ヘイラッシャと対戦するともう……! 「じわれ」は30%の確率で相手をひんし状態にするため、耐久されながら「じわれ」を連発されると、どんなに耐久値が高かろうがステータス積みまくっていようが……。

「じわれ」を連発される前に倒し切りたいところですが、ヘイラッシャは特性「てんねん」持ちのため、こちらが「つるぎのまい」等で攻撃力を上げようが無視してくるという仕様となっております。時間をかけながら、ひんしを狙ってくるヘイラッシャは、丸く大きい愛らしい見た目に反して悪魔のようですね……。

必要に応じて対策を!ランクバトルでなす術なくやられる前に……。


以上、ランクバトルで会いたくないトラウマ必至の最凶ポケモン3種について紹介しました。相手の策にハマり、打開できず相手の思うままに倒されていく愛ポケモン達を見るのは非常に辛いものですね。

今回紹介したポケモン以外にも、戦い方がいやらしかったり倒すのに苦労するポケモンはたくさんいます。ですが、どれも対策を講じれば難なくいなせるポケモン達であり、相手のポケモンのふるまいを考察し、その対策を研究するのがランクバトルの楽しみの1つでもありますよ! 

ランクバトルの世界は極めれば極めるほど奥が深いと感じるばかりです。ぜひ皆さんもその魅力にハマり、ポケモンの世界を一緒に楽しみましょう! 

関連サイト


『ポケモンSV』公式サイト
ポケモンずかん
・ポケモン公式Twitter(@Pokemon_cojp)
・【公式】ポケモン情報局(@poke_times)

(C)2022 Pokémon. (C)1995-2022 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc. (C)2023 Pokémon. (C)1995-2023 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc. ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ちいかわ・K-POP・動物に関する記事を主に担当します!ちいかわに関してはオタクを始めてはや2年。K-POPに関しては幅広く応援しております。犬を飼っているので犬の記事が得意ですが、動物ならなんでも大好きで、可愛いお姿をご紹介していきます★

目次