舌が〝緑の毛〟でボサボサに…医師も困惑した謎症状の正体

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

アメリカのオハイオ州の男性が「舌から緑の毛が生える」といった謎の症状を訴えました。医師も困惑させたこの症状について、科学メディア「Ars Technica」が詳細に解説しています。

*Category:サイエンス Science *Source:Ars Technica ,nejm

男性の舌に「緑の毛」が生えてしまった理由


「New England jounal of medicine」誌の報告によれば、男性は、緑色の毛が舌を覆うという珍しい症状を短期間発症したとのこと。実際の症状の写真はこちらで確認できますが、ややショッキングなため注意してください。これは毛舌症候群の一種ですが、一般的には黒色になります。

医師たちは最初これをイースト菌感染症だと思い込み、抗真菌薬を処方したとのこと。しかし、抗真菌薬を処方された後も症状は収まらず、その後、ライト・パターソン空軍基地医療センターの医師たちが、これを毛状舌症候群と診断しました。

このような色がついた毛が生える症状は1557年から確認されていますが、原因は完全には解明されていません。主な仮説としては、口腔内に何らかの障害が重なり、舌の表皮が古い細胞を剥がれ落とす正常なサイクル(すなわち落屑不良)を完了することができない、というものです。その結果、表皮のカスが蓄積し、舌に長い毛のようなものができてしまうのです。

舌は通常、乳頭と呼ばれる小さな突起で覆われている。舌乳頭には大きく分けて、糸状乳頭、菌状乳頭、葉状乳頭、円形乳頭の4種類がある。毛状舌症候群で最も影響を受けるのは糸状乳頭のようだ。この乳頭は舌の上部に密集しており、味蕾を持たない唯一の乳頭である。形としては、糸状乳頭は円錐形または円筒形の突起で、その上に副乳頭と呼ばれる糸状の突起が多数ある。これらの突起が舌のざらつきを作り、筋肉器官と食物との摩擦を高め、咀嚼やその他の機能を助けている。

欠損性落屑が起こると、通常は長さ1mmにも満たない糸状乳頭が12~18mmにも達する。そして形成される舌繊維の太いもつれには、細菌や真菌、その他のゴミが閉じ込められてしまう。このようなマットの住人には、色素沈着した食物残渣やカラフルな微生物が含まれることがあり、それらが房状の舌に色合いを与えていると考えられている。しかし、現在までのところ、毛深い舌の原因や色の原因として特定の微生物は特定されていない。


— 出典:Ars Technica

この症状がどのように始まるのかは不明ですが、発症する人には明確なパターンと関連性があるとのこと。毛深い舌は男性に多く見られ、高齢、喫煙、飲酒、コーヒーや紅茶の飲み過ぎ、口腔衛生状態の悪化、特定の癌、抗生物質を中心とした特定の薬の使用と関連しているそうです。


治療自体は難しくはなく、自然に治るそうです。一般的な治療法は、口にストレスを与えず、口腔ケアを勧めること、喫煙などの誘因となりうるものを避けることです。通常、数日から数週間で治るとのこと。

今回の男性の場合、彼は64歳の喫煙者で、舌の症状が出る数週間前に歯周病の治療のための抗生物質の投与を終えていたそうです。医師は彼に禁煙を勧め、1日に4回舌をブラッシングし、細胞が剥がれ落ちるのを助けるよう指示しました。6ヶ月後の経過観察の結果、この男性の舌は正常に戻っていたそうです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次