風に乗りビーフジャーキー味のベビースター&沖縄感じるレモンチューハイとともに海を渡れ #今週のコンビニ酒

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

暑い日差し、青い海・・・沖縄〜っ! 「WATTA<ワッタ> 沖縄塩レモン」を見かけたときから心はO・KI・NA・WA。暑すぎて幻覚が見えてきたのかもしれない。もう幻覚を見たままこのWATTAを飲み干そうではありませんか(夏は水分補給をしっかりと!)

※20歳未満の者の飲酒は法律で禁じられています。お酒は二十歳になってから。

目次

本日の宅飲みメニューはこちら


WATTAやオリオンビールを見かけると「沖縄だなあ」と感じる筆者ですが相変わらず沖縄に行ったことがないどころか飛行機に乗ったことすらありません。

棚でこの「WATTA<ワッタ> 沖縄塩レモン」を見てさらに心だけ沖縄に飛ばすのですが・・・ちなみにこちら、沖縄県以外の全国で7月11日から販売されています。全国の人が沖縄感じられちゃうなんて素敵すぎるやん。

こちらを飲みながら7月17日にコンビニ限定で発売された「テング ビーフステーキジャーキー」味のベビースターラーメン丸をつまんでいきましょう。

口の中いっぱいのジャーキーの風味がたまらん!

噛むほどにウマい!定番おつまみ「テング ビーフステーキジャーキー」がベビースターになった〜!

赤い天狗がトレードマークのビーフジャーキー、見たことあるだけではなく食べたことがある人も多いハズ。いろんな味もあるし、いろんなお店でお酒のコーナーの横においてあったりするのでついつい買ってしまうつまみの一つではないでしょうか。

味的にはきっとビールが合うんでしょうけど、先にお酒を決めてしまったので今回合わせるのはレモンチューハイです。


カップ入りなのが酒飲みにまた嬉しい。ノールックでポイポイ口に運べるってなんて素晴らしいんだ。映画見ながらでもゲームしながらでも、食べやすいって助かりますよね。

袋からそのまま食べていたオレンジ色のパッケージのあの頃(えっ)、まさかベビースターを食べながらお酒を飲んでいるなんて想像できなかったなあ・・・。


ひとくちサイズの「ベビースターラーメン丸」は口の中に入れるとサクサクほろりと砕け、そこに醤油ベースの牛赤身ももステーキ肉ビーフジャーキーの旨味が染み渡る〜! 口の中に残るブラックペッパーが刺激的。

やっぱりビールが一番合うかなとは思うんですが、どんなお酒でもいける。味が濃いのでお酒も進む〜♪

(但し、本商品には「テング ビーフステーキジャーキー」及びビーフジャーキーは使用されていないとのこと)

O.KI.NA.WA!!美ら海!!

すでにタイトルコールからテンション上がりまくっている筆者です。沖縄らしさを感じさせるカラフルな色彩が特長のパッケージ。レモンだけなのにトロピカってる。

素材にこだわっていて、沖縄県産レモン由来のエキスとミネラルを含んだ沖縄県産の塩「美ら海育ち」が使用されているんです。沖縄の海水塩って、しっとりしてて甘みがあっておいしいですよね〜。


果汁1%だけど、レモンが濃いい〜〜! 

酸味と甘味の中にしょっぱさが加わって奥深い味。アルコール度数5%でそこまで高くないけれど、350ml1本でかなりの満足感があります。

あっさり爽やか系の塩レモンチューハイもさらっと飲みやすくていいですが、こういう口の中と喉にぐっとくるというのも夏には刺激的でうまい♪♪


氷が溶けても薄くなってる感じが少ないので、最後までしっかり味が楽しめる。 WATTAシリーズはあまり見かけない上にすぐなくなってしまうから(筆者の家の周りだけ?)、今のうちに買っておかねば〜! 


「ベビースターラーメン丸(Tengu® Brand ビーフステーキジャーキー味)」はコンビニ限定で発売中。ビールが思わず進んじゃうベビースーターで晩酌を楽しんでみてくださいね♪

「WATTA 沖縄塩レモン」は沖縄県を除く全国で発売中。限定商品なので見つけたら早目にゲットですよ〜!!

※お酒はおいしく、適量を。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。

製造者:おやつカンパニー
商品名:ベビースターラーメン丸(Tengu® Brand ビーフステーキジャーキー味)
価格:オープン価格
公式サイト:ベビースター商品一覧 | おやつカンパニー(-^〇^-)/

製造者:オリオン
商品名:WATTA 沖縄塩レモン
価格:オープン価格
公式サイト:WATTA沖縄塩レモン – オリオンビール

■毎日更新「カジュアルフード」

コンビニ・ファストフードなどカジュアルに楽しめる美味しい情報を毎日更新中!こちらのページにまとめているので、ぜひご覧ください♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次