BTSジョングクが「愛してる」と日本語を披露!YOASOBIの『アイドル』も披露

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

ソロデビュー曲『Seven』をリリースし、活発なプロモーションを披露していたジョングク。そのジョングクが、Stationheadで開催されたリスニングパーティーの中で、日本語を披露するシーンがありました。

また、YOASOBIの『アイドル』を披露するシーンもあり、日本のファンが大感激! その様子を紹介しましょう。

パズルをクリアしてBTS衣装をゲット!「BTS Island:インザソム」を無料でダウンロード!

目次

目次

ジョングクがリスニングパーティーで『愛してる』発言!

7月14日に『Seven』をリリースしたジョングクは、Stationheadでリオスニングパーティーを開催。ジョングク自身も登場し、ファンにトークを披露しました。

この中でジョングクは、「おはよ~」「愛してる、愛してるよ~」と日本語を披露! これは確実に、日本のファンに向けて言ってくれたと考えて良いでしょう。

もちろん、日本のファンも多数がリスニングパーティーに参加していたため、聴いた瞬間に大喜び。「ジョングクが日本語で『愛してる』と言ってくれた」「何度も聴いちゃう」「『おはよ~』と挨拶してくれて驚いた」など、熱い反響が寄せられています。



Stationheadとリスニングパーティーについて解説

Stationheadとは、簡単に言えば「個人ラジオ配信アプリ」です。私たちが連想するラジオは、ラジオ局を通して配信するものでしょう。Stationheadは個人がホストとなり、Stationから音楽やトークの配信を行います。

Stationheadのポイントは、Spotify PremiumやApple Musicと連動できること。Stationheadで聴いた楽曲は、Spotify PremiumやApple Musicでもカウントされるため、1度聞けば2カウントとなります。つまり、ストリーミング再生回数を手軽に増やせるのです。

ファンみんなで楽曲やトークを楽しみながら、再生回数も増やせる画期的な方法。今後もリスニングパーティーを開催するアイドルは増えていくでしょう。

ジョングクはYOASOBIの『アイドル』も披露

さらにジョングクは、日本のアーティストYOASOBIのヒット曲『アイドル』を披露。歌詞ではなく、メロディに合わせて「ナナナ~♪」と歌う形でしたが、日本のアーティストをカバーしてくれました。

『アイドル』は、アニメ『推しの子』の主題歌。ジョングクは日本のアニメを良く見ているため、『推しの子』も視聴しているのでしょうね。

この歌唱にも、日本のファンが反応! 「ジョングクが『アイドル』を歌ってくれた!」「いつかフルで歌ってほしい」など、反響が相次いでいます。

RMも『推しの子』を視聴していることが判明

メンバーのRMも『推しの子』を視聴しており、その様子をInstagramのストーリーに掲載したことがあります。作者の1人・横槍メンゴ氏が反応を見せたことから、ウェブニュースにも掲載されました。

前には『となりのトトロ』も視聴していましたね。

RMといえば、ポケモンパンについているポケモンシールを集めていたことも。

こうして、日本の文化に触れてくれると嬉しいですよね。いつかRMからも、『推しの子』の感想を聞いてみたいものです。



ジョングクはこれまでにも日本曲を披露

ジョングクは日本のアニメや音楽が好きな様子。アニメの主題歌を覚えて、Weverse LIVEで歌を披露してくれたこともありました。

以前は『チェンソーマン』に嵌っていて、主題歌となった米津玄師の『KICK BACK』を歌ったことも。かなりお気に入りだった様で、口笛でも吹いてみせるほどの嵌り方でした。

また、TikTokを通してimaseの『NIGHT DANCER』も気に入った様で、こちらも歌を披露したことがあります。これはimase本人にも伝わり、急遽インスタライブで感動を伝えたエピソードも。

いつか、ジョングクと日本人アーティストの対談も見てみたいものです。

『Seven』は情熱的なセレナーデ

ジョングクのソロデビュー曲となった『Seven』は、本人曰く『情熱的なセレナーデ』。想い人に冷たくあしらわれても、一途に愛を伝える青年の心境を歌い上げています。

ジョングクの相手役に選ばれたのは、韓国の人気俳優ハン・ソヒ。ハン・ソヒが演じるクールな彼女が、最後にとうとうジョングクに手を差し伸べ、手を繋いで帰るシーンは胸が熱くなります。

ちょっと大人な歌詞にした『Seven (Explicit Ver.)』もありますので、ぜひこちらも視聴してみて。『Seven』は7つのバージョンがあります。

『Seven』の活動はひとまず終了! 次はソロアルバムに期待

アメリカとイギリスで行われた『Seven』のプロモーションはひとまず終了! ジョングクは近日に帰国すると予想されています。今回のプロモーションは体調との闘いだったそうなので、帰国した後はゆっくりしてほしいですね。

ジョングクは全編英語のアルバムも制作しているそうなので、ぜひ今後の公式情報もチェックしてください!

パズルをクリアしてBTS衣装をゲット!「BTS Island:インザソム」を無料でダウンロード!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ちいかわ・K-POP・動物に関する記事を主に担当します!ちいかわに関してはオタクを始めてはや2年。K-POPに関しては幅広く応援しております。犬を飼っているので犬の記事が得意ですが、動物ならなんでも大好きで、可愛いお姿をご紹介していきます★

目次