次世代「Switch」が克服する〝最大の弱点〟

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

ニンテンドー「Switch」の後継機の登場が近づいているようです。発売時期や開発状況について、情報筋から複数の噂が登場しています。

*Category:テクノロジー Technology *Source:VGC ,Eurogamer ,Asia Nikkei ,Ars Technica

ニンテンドー「Switch」後継機の一部仕様リーク


海外ゲームメディア「VGC」の取材に応じた情報筋によると、ニンテンドーの次期ゲーム機の開発ハードは、2024年後半の発売に向け、すでに一部のサードパーティ開発者の手に渡っているとのこと。

According to multiple people with knowledge of Nintendo’s next-gen console plans, the company is likely to release new hardware during the second half of 2024, to ensure that it has ample stock available on day one and to avoid the kind of shortages seen with PlayStation 5 and Xbox Series X|S.


— 引用:VGC

「ニンテンドーの次世代ゲーム機計画に詳しい複数の関係者によると、同社は初日に十分な在庫を確保し、PlayStation 5や XboxシリーズX|Sで見られたような品不足を避けるため、2024年後半に新ハードウェアを発売するようだ(VGC)」

これは、以前のリークとも一致するものです。別の海外ゲームメディア「Eurogamer」は「2024年後半」という発売時期を裏付けており、経済紙「Nikkei Asia」は今年初め、「ニンテンドーは2024年春以降に次期ゲーム機を発売する予定だ」と報じていました。

今回のリークで注目すべきは、「VGC」が引用した情報筋が、ニンテンドーがコストを抑えるために液晶ディスプレイを採用することを示唆している点です。ニンテンドーはすでに有機ELディスプレイ搭載の「Switch」を発売しているため、これは一種のダウングレードとなります。

代わりに増加されるのがストレージ容量です。現在の「PlayStation」や「Xbox」向けのゲームソフトは100GBを超えるものも多くありますが、現行の「Switch」の内蔵メモリはわずか32GB。microSDスロットがあるとはいえ、この内臓ストレージの少なさは開発者にとって大きな制限となっていました。液晶ディスプレイへのダウングレードは、このコスト増加を考慮したものとのことです。


情報筋はまた、このモデルにはカートリッジスロットが搭載され、物理的なゲームソフトにも対応すると主張しています。

その他の「Switch」の後継機の処理能力に関する有力なリークは今のところありません。現行の「Switch」の性能についてはやや不足気味になり始めており、後継機ではこの部分が改善されることが期待されています。

また、「Switch」後継機が現行のゲームソフトとの互換性を持つかどうかは不明です。しかしニンテンドーは今年初めの決算説明会で、次世代に移行する際に「Switch」のユーザーベースを維持する方法を検討していることをほのめかしており、これは後継機に互換性をもたせることを示唆していると見られています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次