「冷凍フライドポテト」コスパ最強は? セブン・ファミマ・ローソン徹底比較!

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

みんな大好きな「フライドポテト」。自宅でアツアツを食べたいけれど、ポテトを揚げるのって意外に手間がかかりますよね。そんな時に便利なのがコンビニの「冷凍フライドポテト」です。今回はコンビニ3社の「冷凍フライドポテト」を食べ比べてみました。

目次

コンビニ3社! 「冷凍フライドポテト」を徹底比較


みんな大好きな「フライドポテト」。自宅でアツアツを食べたいけれど、ポテトを揚げるって意外に手間がかかりますよね。そんな時に便利なのがコンビニの「冷凍フライドポテト」です。今回はコンビニ3社の「冷凍フライドポテト」を食べ比べてみました。

3社の「冷凍フライドポテト」が集合!

左からセブンの「レンジでフライドポテト」、ファミマの「北海道産じゃがいもの味付きフライドポテト」、ローソンの「北海道産じゃがいも使用 フライドポテト」です。すべて内容量は100gです。


セブン−イレブン「レンジでフライドポテト」

パッケージをチェックしてみた

切り込みを入れて袋のままレンジで加熱するタイプです。公式サイトには「袋のまま調理ができる、細切りフライドポテトです。」という記載があります。

500Wで約3分30秒温め、30秒置いてから袋の中に塩を振りかけ、袋のまま振り混ぜたら出来上がり。塩味がついていないので、塩やケチャップなどをお好みで用意する必要があります。


いただきます

加熱直後は驚くほど高温なのでご注意を。袋を開けると、細長くカットされたポテトが出現。


サイズは小さめ。塩をかけずそのまま、食べてみると、じゃがいもそのものの味でシンプル。全体的にしっとりした印象ですが、たまにカリッとした歯ごたえのものもあり、2種類の食感が味わえます。


ファミリーマート「北海道産じゃがいもの味付きフライドポテト」

パッケージをチェックしてみた

ファミマはそのままレンジで加熱するタイプです。公式サイトには「レンジ調理だけで手軽にお召し上がりいただける、北海道産じゃがいもを使用した塩味付きのフライドポテトです。」という記載があります。

500wで約2分40分加熱すれば出来上がりです。あらかじめ塩味がついているので手間いらず。


いただきます

熱いので気をつけながら開封すると、細長くカットされたポテトが現れました。セブンのものより長めな印象です。


質感がしっかりしていて、カリカリ、サクサクで心地よい歯ざわり。ほんのり塩味がついていて美味しい。冷めても食感は変わらず。


ローソン「北海道産じゃがいも使用 フライドポテト」

パッケージをチェックしてみた

白ベースのおしゃれめなパッケージ。公式サイトには「甘みの強い北海道産じゃがいもを使用したフライドポテトです。じゃがいも本来の甘みを生かすため塩味は薄めにしています。ホクホクしたじゃがいもの食感が楽しめる太めのカットです。」という記載があります。

ローソンも電子レンジ専用で袋のまま加熱します。500Wで約2分30秒で出来上がり。


いただきます

ローソンのポテトは太めにカットされていて、みるからにじゃがいもっぽい。


パクリと口に入れるとホクホクした食感とじゃがいもの甘みが口中に広がります。しっかり塩味が付いていて、おいもの素朴な味が楽しめます。食後は満足感も。


100gあたりの価格は?

公表されている内容量と価格で100gあたりの価格を計算してみました。

セブン:内容量100g・価格170.64円
ファミリーマート:内容量100g・価格168円
ローソン:内容量100g・価格171円

内容量 価格 100gあたりの価格
セブン-イレブン 100g 170.64円 170.64円/100g
ファミリーマート 100g 168円 168円/100g
ローソン 100g 171円 171円/100g

比較:揚げ加減と味

左から、セブン・ファミマ・ローソンの順に並んでいます。

セブン:細長くて小さめ。しっとりとカリっが共存。塩味がついていないので自分で調整。
ファミマ:細長くて、カリサクっ。香ばしい。ほんのり塩味がついています。
ローソン:ホックホクでしっかり塩味がついています。



比較:加熱時間

セブン:切り込みを入れ、袋のまま、500Wで約3分30秒。
ファミマ:袋のまま、500Wで約2分40秒。
ローソン:袋のまま、500Wで約2分30秒。

まとめ

さて、コスパ最強はどのコンビニでしょうか。
100gあたりの価格は、セブンは170.64円、ファミマは168円、ローソンは171円という結果に。というわけで、今回、コスパ最強はファミマに軍配があがりました。

選ぶ際のポイントですが、コンビニのフライドポテトは2つのタイプに別れ、セブンとファミマはマク○ナルド系、ローソンはケン○ッキー系です。カリカリ食感を楽しみたいならファミマ、じゃがいもの素朴な味とホクホク食感を楽しみたいならローソン、カリカリとホクホクの両方が楽しみたいなら、セブンがおすすめです。

その他のポイントとしては、ファミマとローソンはじゃがいもが北海道産。ローソンはカロリーが低いのがうれしい。セブンは塩味がついていないので、塩分の制限がある方はぜひ選択肢に。あなたも、この夏、自分好みのフライドポテトを探してみてくださいね。

セブン-イレブン ファミリーマート ローソン
商品名 レンジでフライドポテト 北海道産じゃがいもの味付きフライドポテト 北海道産じゃがいも使用 フライドポテト
内容量 100g 100g 100g
価格 170.64円(税込) 168円(税込) 171円(税込)
栄養成分 たんぱく質3.2g
脂質10.5g
炭水化物38.3g
(糖質34.1g、食物繊維4.2g)
食塩相当量0.1g
たんぱく質3.6g
脂質12.1g
炭水化物32.2g
(糖質28.9g、食物繊維3.3g)
食塩相当量1.3g
たんぱく質2.2g
脂質4.2g
炭水化物25.6g
(糖質22.8g、食物繊維2.8g)
食塩相当量0.6g
カロリー 252Kcal 246kcal 143cal

※個人の感想を含みます。同じコンビニでも地域やお店によって違いがあるので、実際はお店で確かめてくださいね。

公式サイト:セブン-イレブン|7プレミアム レンジでフライドポテト
公式サイト:ファミリーマート|北海道産じゃがいもの味付きフライドポテト
公式サイト:ローソン|北海道産じゃがいも使用 フライドポテト

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次