【実食】グラタン味のチキンラーメンってどんな味!? クリーミーな昭和感にほっこり♪

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

1958年8月25日に発売された「チキンラーメン」。65回目となるバースデーを記念して、ユニークな新商品が8月14日(月)から登場しています。

・「チキンラーメンどんぶり 昭和の洋食ブーム クリーミーグラタン味」
・「チキンラーメン汁なしどんぶり 平成のイタ飯ブーム ペペロンチーノ味」
・「チキンラーメンビッグカップ 令和の韓食ブーム ヤンニョム味」

昭和・平成・令和、各時代の食ブームをチキンラーメン流にアレンジした3品。昭和生まれの筆者は、迷わずクリーミーグラタンをセレクト(笑)早速ご紹介します♪

目次

昭和の洋食屋さんの定番メニュー“グラタン”がチキンラーメンに


チキンをベースに焦がしたチーズの風味とローストオニオンの甘みを加え、素朴でクリーミーな味わいに仕上げた一杯。パッケージには、懐かしの「ひよこちゃん」があしらわれています。

チキンラーメンにチーズをのせたり、牛乳で煮込んだりするアレンジは昔から定番ですよね。グラタンも間違いなく美味しいでしょ!

粉末スープを入れなくても美味しい(笑)

フタを剥がし、後入れの粉末スープを取り出します。


かやくは、ダイスキャロット、キャベツの2種類。


湯戻し時間は3分。試しに粉末スープを入れずに食べてみたところ、お馴染みのチキンラーメンの味わいが楽しめました。このままでも美味しいので、二度楽しむのもアリかも(笑)


粉末スープを入れると、一気にチーズの香りが広がります。


しっかりかき混ぜて出来上がり!


アレンジも楽しめる優しい味わい♪

もったり濃厚なスープになるかと思いきや、意外とさらさらなまま。麺をすするとチキンラーメンですが、まろやかでクリーミーなスープがとても新鮮! 優しい味わいでとっても美味しい♪


ただのチーズ味ではなく、香ばしいチーズ味になっているのがすごい! グラタンの表面にのった“焦げたチーズの風味”が見事に再現されています。洋食屋さんっぽくフォークでいただきましたが、こうするとカルボナーラがよぎるような…(笑)パセリやブラックペッパーがよく合う味なので、好きな方はトッピングしてみてください。残ったスープにご飯を入れてリゾット風にするのもアリ。


熱量は1食当たり425kcal。


昭和が美味しかったので、平成のペペロンチーノ、令和のヤンニョムチキンも食べてみたくなりました。いずれも65周年限定商品なので、気になる方はお早めに♪

製造者:日清食品
製品名:チキンラーメンどんぶり 昭和の洋食ブーム クリーミーグラタン味
購入価格:149円(税込)
公式サイト:チキンラーメンどんぶり 昭和の洋食ブーム クリーミーグラタン味

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次