【MLB】大谷選手が降板した重大な理由とは?ダブルヘッダー2試合目は出場

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

MLBのロサンゼルスエンゼルスに所属する大谷選手が2023年8月24日に行われたレッズとのダブルヘッダーにて、2試合目にも出場しました。1試合目は投手として2回で降板となりましたが打者として44号ホームランを放っていました。2試合目は打者に専念しての出場。しかし1試合目の降板の理由があまりに重大な理由でした。

食べたいものを選ぶだけ!簡単ダイエットアプリ「あすけん」を無料でダウンロード!

目次

目次

1試合目降板の理由。一体いつから? 

8月24日に行われたレッズとの1試合目にて、大谷選手は投手として出場していましたが2回の途中で急遽降板。降板直後の球団の発表では腕の疲労としていましたが、メディカルチェックを実施した所なんと「右肘靭帯損傷」と診断されました。

この試合では2回の途中で交代となりましたが、1回の投球でも球速は出ておらず違和感を覚える投球内容。それ以前にも1度ローテーションを外した事もあった為、実際にはもっと前から怪我をしていたのでしょうか。

投手としての今後。次回登板は?

結論から言えば、今季の大谷選手は投手として出場しません。エンゼルスのミナシアンGMが試合後の会見にて明言しました。次回登板の予定どころか、2023年の大谷投手としてはここで終了となります。

同じチームのマイクトラウト選手も再び故障者リストに戻り、チームの核となる2名の戦力が大幅に失われてしまいました。

レッズとの2試合目の結果。大谷選手は?

レイズとの2試合目は7-3でレッズの勝利。これでエンゼルスは6連敗となり、ポストシーズンへ向けての道は非常に険しくなりました。大谷選手は5打数1安打で、打者として出場。

この時公表はされていませんでしたが、大谷選手は自身の怪我を知っていたそうです。その中で安打を放ち、他の打席でも異常は見られませんでした。心配する程の大きな怪我ではないのかも知れません。

怪我の状態は様々。今後の報道に注目。

肘の靭帯損傷といっても程度は様々で、ミナシアンGMの話では「一部に断裂の部位がある」「手術が必要かまだ話し合っていない」「次の試合に向けても今後調整」2試合目に出場していた事にも触れ「彼は本当のプロだ」と称賛の声をあげています。これらの単語を聞くと、そこまで状況は絶望的ではないのかも知れません。怪我をしながらでも、打者として出場していた事もあり状態が気になりますね。

打者としての奮起に期待すると共に、今後の怪我に関しての報道に注目していきましょう。

食べたいものを選ぶだけ!簡単ダイエットアプリ「あすけん」を無料でダウンロード!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ちいかわ・K-POP・動物に関する記事を主に担当します!ちいかわに関してはオタクを始めてはや2年。K-POPに関しては幅広く応援しております。犬を飼っているので犬の記事が得意ですが、動物ならなんでも大好きで、可愛いお姿をご紹介していきます★

目次